2012年06月05日

チャン・ツィイーの買春容疑。一晩約9500万円。エディソン・チャン以来のスキャンダル

中国の女優でハリウッドでも活躍中の・チャン・ツィイーさん(33)に売春疑惑が浮上したと、台湾や香港のメディアが大々的に報じ、日本でも2012年5月30日ごろからネットで騒ぎになっている。

ファンの中には大スキャンダルにショックを受ける人も多く、現代美術家の村上隆さん(50)はツイッターで「ぎゃー!俺の心の恋人ぉ〜!」などとつぶやき、ほとんど発狂状態だ。

チャン・ツィイーさんは1999年公開の「初恋のきた道」で、恋人を待ち続ける可憐な少女を演じて大ブレイクし、「ラッシュアワー2」「SAYURI」などハリウッド映画にも出演した。日本では花王のテレビCM「アジエンス」に起用され、半裸の背中を露わにしたことがわかると、中国では「国辱的」などとネットで非難され、中国での放映が中止となるエピソードもあった。

売春疑惑が浮上したのは5月の中旬で、台湾の大手新聞「自由時報」の米国サイトが報道したことが発端とされている。ここではチャンさんが性的接待疑惑と、脱税容疑で取り調べを受けているという記事だったが、その内容が明らかになったとして5月下旬から台湾や香港のメディアが大々的に報じ始めた。

報道を要約すると、チャンさんは前中国共産党中央政治局委員だった薄煕来氏に性接待をして欲しい、と薄氏を後援する団体から07年に依頼された。これまで10回以上接待をして、薄氏が支払ったのは一回の行為で最高4600万台湾ドル(約9500万円)、日本円でトータル8〜9億円になるという。また、これを含め、過去十年間のチャンさんの収入は32億2000万台湾ドルあり、脱税の疑いも持たれている。

別の報道では、チャンさんが複数の富豪や高官との売春で稼いだ額は、これまでに100億円にのぼる、というものもある。こうしたことから警察からの取調べを受け外出ができない状態で、仕事がキャンセルになっていると伝えている。

(J CAST NEWSより転載)

チャン・ツィーの買春疑惑。なんだかすごいですね。

あれだけきれいな美女、チャン・ツィーですが、最高一晩付き合って約9500万円。女性ってこういうことが成り立つからすごい。一晩付き合って大きな家が買えちゃう値段ですね。そんなに金もらって何に使っているのやら。

しかし、このチャン・ツィーの買春疑惑、エディソン・チャン以来の大スキャンダル、どんな方向へ向かっていくのやら。


posted by スターウオッチャー at 18:43 | スター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。