2008年11月01日

有吉弘行(元猿岩石)が復活中

まったく消えていた“一発屋芸人”が息を吹き返した。元猿岩石の有吉弘行(34)が再ブレーク中だ。

「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」(テレビ朝日)などで披露した自虐ギャグやタレント仲間に対する毒舌トークがウケて、テレビで顔を見ない日はないというくらい活躍している。
 
現在、すでに「世直しバラエティー カンゴロンゴ」(NHK)や「さまぁ〜ず式」(TBS)など5本のレギュラーを抱えている。9月末には著書「オレは絶対性格悪くない!」が発売され、先週は11歳年下のモデルとの熱愛を“フライデー”された。まさに、人気再燃である。
 
猿岩石は96年に「進め!電波少年」(日本テレビ)のユーラシア大陸ヒッチハイクの旅で人気が沸騰。著書がベストセラーになったり、CDがバカ売れして一世を風靡(ふうび)した。しかし、ブームは一瞬で、04年に解散し、ピン芸人になった有吉は鳴かず飛ばずの状況が続いた。仕事がない頃は、ダチョウ倶楽部の上島竜平に面倒を見てもらっていたという。

「有吉は柳原可奈子が出演している映画『まぼろしの邪馬台国』に出演しています。再ブレークのきっかけは同じ事務所の柳原や劇団ひとりとの“セット扱い”。クサらずにその機会を生かし、人気芸人を食ってしまう存在感を見せつけ、あちこちから声がかかるようになった」(テレビ関係者)
 
もともと、有吉は高田文夫や島田紳助から「面白い」と評価されていた。今度は長続きするか。

(日刊ゲンダイより)

猿岩石といえば、あのユーラシア大陸ヒッチハイクの旅。電波少年も終わってしまったけど、よく考えたら相方の森脇和成、いまや経営者として活躍しているらしいけど、まったくテレビでも顔見ないし、どうなっているんでしょうね。

有吉弘行、いつまでこの人気ぶりが続くんでしょうね。

猿岩石/ゴールデン☆ベスト〜白い雲のように〜



posted by スターウオッチャー at 19:44 | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。