2008年11月20日

孔子の子孫が144万人増加し200万人以上?値打ないなあ

中国共産党の機関紙・人民日報は19日、10年間にわたって行われてきた「孔子世家譜(孔子家系図)」の修訂が年内に完成し、出版されることを明らかにした。今回の修訂の結果、孔子の子孫は前回より144万人増加し、200万人以上に達することが分かった。

今回の修訂では健在する子孫の情報が「孔子世家譜」に追加された。健在の子孫のうち、最も上の世代は「傳」の字輩を持つ第68代で、最も下の世代は「念」の字輩を持つ第83代となっている。字輩とは氏族の中で決められている世代を表す文字のことで、名前に取り入れられるもの。

「孔子世家譜」は2500年以上の歴史を持ち、ギネス・ブックにも「世界で最も長い家系図」と認定されている。前回の1937年修訂時には、健在する子孫は56万人と記録されている。写真は孔子の直系の子孫、第77代目の女性。

(サーチナより)

孔子といえば、中国史上でも有数の歴史上の人物ですが、その孔子の子孫がなんと200万人以上になるということです。

そういえば、孔子の子孫といううたい文句の人物が何人もいますが、200万人もいたらなんとも価値のないことか。

画家やら作家やらけっこう文化的な活動をしている行使の子孫がいますが、孔子も一種のブランド。使えるもんなら何使ってもいいけど粗製乱造って感じもしないわけではないんですけど。

孔子物語

posted by スターウオッチャー at 16:03 | 文化人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。