2009年07月21日

渡辺徹、ダイエットも水の泡。14キロやせて15キロ増える。なんだかね

俳優の渡辺徹らが21日、都内でシェイクスピアの名作舞台『ヘンリー六世』(10月27日〜11月23日 新国立劇場)の製作発表会見に出席した。同作は、15世紀の英国王室史を描きシェイクスピアの作品では唯一となる3部作。上演期間中のうち4日間が、およそ9時間にわたる通し上演となるも、渡辺は「今から打ち上げが楽しみ!」とマイペース。昨年末から役作りで14キロ減量したものの、大食いがたたり15キロ“リバウンド”してしまったことを明かし、「家ではエアロビも始めましたし、とにかく精神的な面も含めコントロールすることが重要ですね」と気を引き締めなおした。

ジャンヌダルク役のソニンは、これまで舞台経験はあるものの「凄い先輩方に囲まれての芝居。今の時代に表現できるジャンヌダルクのメッセージを伝えたいが、何せセリフ覚えが…。プレッシャーもありますし、ちょっとヤバいですね」と不安を隠せない。また浦井健治演じる主人公・ヘンリー六世と後に結婚する女性・マーガレットを演じる中嶋朋子は「(気分は)大海原へ小さなボートで漕ぐ感じ。何とか(自分自身が)楽しめるところまでいきたいですね」と気合いを込めていた。

関係者によると日本で9時間もの舞台上演は、2000年に蜷川幸雄演出でギリシャ悲劇を描いた『グリークス』など数作品しかないようで、観客、演者双方共に“体力勝負”の大作となる。会見にはそのほか村井国夫、岡本健一らも出席した。

(オリコンより)

俳優の渡辺徹、一時はすごく痩せたなあと思っていたのですが、いつの間にかリバウンドして元に戻ってしまっていたんですか。あちゃあ。

その要因が大食いだそうで、やはりはいるところからストップしないとなかなか細い体は維持できないんですかね...。なんだか自分も食いすぎるので怖い...。

リバウンド知らずの無敵のボディに!スイーツシェイクダイエット/今年の夏も、伝説のダイエット...



posted by スターウオッチャー at 17:04 | 日本のスター
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。