2009年12月21日

パンクブーブー、M-1優勝コンビ。誰?見たこともなかった...

20日の「オートバックス M−1グランプリ2009」の決勝戦で、「パンクブーブー」が初優勝、漫才日本一の座を獲得した。敗者復活戦から2連覇を目指した「NON STYLE」と8年連続決勝進出の「笑い飯」との最終決戦を制し、歓喜の優勝を飾った2人と審査員の島田紳助さんが会見した。

「パンクブーブー」は、佐藤哲夫さん(33)と黒瀬純さん(34)のコンビ。01年から9年連続で大会に出場するが、準決勝進出5回で今回が初の決勝進出だった。1ネタ目は合計651点の2位。最終決戦では島田さんや松本人志さんら審査員7人の満場一致で圧勝した。それでも、黒瀬さんは「“テンパりすぎて”『パンクブーブー』って誰だろうと思った。『笑い飯』さんが優勝すると思っていたので……。ちょっと、まだ実感がわかないです」と驚きを隠せない。

島田さんは、最終決戦について「楽な審査やった。(「パンクブーブー」は)体操で言ったらノーミスだった。ぼくと松本は『笑い飯』に勝ってほしかったんですけど、審査員全員『しゃあないな』っていう空気でした。『NON STYLE』はいまいち。M−1だけを目指してきたこいつらとの違いです」と振り返った。

黒瀬さんは「まだ実感がわかないですね。今は恐怖しかない。この先、フリートークで“スベろう”もんなら先はない。今から毎日がオーディションという感じ」と心境を明かす。佐藤さんは「(今年は)M−1に真正面からがっしり向かい合った。今日は先輩芸人さんから応援のメールもいただいたし、『僕らのことなんか誰も知らない』と思っていたので、気持ちよく楽しく漫才がやれたんじゃないかな」と勝因を分析した。

コンビ結成は01年4月。今までで一番つらかったことを聞かれ、黒田さんは「基本漫才は楽しいんで、つらいと思ったことはないです」と笑顔を見せる。一方の佐藤さんは「M−1が一番苦しかったなと思います。3年前くらいからガッツリ漫才と向き合って、(ネタをめぐって)相方とケンカをするようにもなった」と語る。

今の給料は「13、4万円」という2人は、優勝賞金の使い道を「母親の借金を返して、(母親に)お小遣いもあげたい」(黒瀬さん)、「全部貯金します」(佐藤さん)と控えめだ。今後の番組出演について、佐藤さんは「ぼくら露出が全然ないコンビなんで、出られるものは全部出たい」と意欲を見せる。「『NON STYLE』に比べてトークに自信はあるか?」との質問に黒田さんは「……まだ勝てません。でも、成長を見てください! 2年後3年後を見据えてお付き合いをお願いします!」と声を張っていた。

9回目を迎える今年の「M−1グランプリ」決勝戦には、ナイツ▽南海キャンディーズ▽東京ダイナマイト▽ハリセンボン▽笑い飯▽ハライチ▽モンスターエンジン▽パンクブーブーの8組と敗者復活の「NON STYLE」を加えた合計9組が出場。「笑い飯」「パンクブーブー」「NON STYLE」が最終決戦に進出した。

(毎日jpより)

朝のテレビ番組でM-1の優勝者「パンクブーブー」の漫才の場面だけを再放送していました。確かに面白い漫才でした。

それでも「パンクブーブー」なんて見たこともなければ聞いたこともない初漫才コンビで、いまいち誰なのかよくわかりませんでしたが、やはり面白ければいい漫才の世界。

この「パンクブーブー」の二人には賞金のみならず、これからテレビ番組の出演やCM依頼も何件か出てきて、収入も増えることでしょう。頑張ったかいがありました。

M-1グランプリ the BEST 01〜06 DVD-BOX







posted by スターウオッチャー at 08:02 | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。