2011年07月13日

間寛平、彦根市の鳥人間コンテストに今度は挑戦。走るから飛ぶへ

タレントの間寛平(61)が30、31日に滋賀県彦根市で収録される読売テレビ系「鳥人間コンテスト2011」(8月19日放送、後7・00)にパイロットとして初挑戦することになり12日、大阪市の同局で会見した。

1月にマラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」を完走した鉄人は「陸と海をやって最後は空や」とニヤリ。自らのギャグ「わしゃ止まると死ぬんじゃ〜」とばかり、昨年発症した前立腺がんを引き合いに「止まると、がんになると思ってますねん。僕と同じ団塊の世代に止まったらアカンと伝えたい」と意気込んだ。

飛行距離を競う「人力プロペラ機ディスタンス部門」に出場予定で、今月8日にフライト練習を敢行。サドルは競技用自転車の細いものを使うため「前立腺を刺激するんですわ。真ん中が空いているヤツを買いました」と対策を施した。完走後に増量した体を6キロ減量するなど準備万端で、「想像以上の距離を飛びますわ」と笑顔を見せた。

(スポニチより)

吉本のお笑いタレントで、マラソンで世界一周を成し遂げた男、カンペイちゃんこと、間寛平が今度は滋賀県彦根市で行われる鳥人間コンテスト2011にパイロットで出場することが決定しました。

マラソンで世界一周に比べれば、一瞬で終わるイベントだし、マラソンやってて体重もそれほど重くないことだろうし、鳥人間コンテストなら比較的簡単にできるんでしょうけど、まあ、正直これだったら自分もやってみたい気がします。




posted by スターウオッチャー at 16:42 | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。