2008年03月07日

クロサギ、映画の試写会出始めての偽造試写状。主演山下智久もあ然

山下智久(22)が詐欺師を演じる映画「クロサギ」(8日公開)の試写会で、「試写状詐欺」が発生していたことが6日、分かった。2月20日に都内のホールで行われた試写会で、6枚の偽造試写状が確認された。終了後にスタッフが試写状の整理をしていたところ、精巧にカラーコピーした偽造試写状を発見した。配給の東宝関係者も「初めてのことです」と驚いている。
 
試写会はその後も全国各地で行われたが、入場時に丁寧にチェックする対応で被害は起きていない。詐欺を題材にした同映画での出来事に関係者は「どうしても見たいという気持ちは分かりますが…」と複雑な表情だ。
 
過熱する人気を受けて、関係者は公開初日舞台あいさつの偽造チケットを警戒している。これまで5大都市で行ってきた試写会には15万通の応募が殺到。前売り券も実写映画では異例の7万枚以上の売り上げを記録。高まる人気に公開初日の舞台あいさつの回のチケットの一部(100席分)を応募はがきによる事前抽選にした。一般発売チケットの完売もあって、応募は1万1000通に達した。関係者は「これだけの人気を考えるとやむを得ない」として、公開初日も丁寧にチェックするつもりだ。

(日刊スポーツより)

この日本映画の映画「クロサギ」、よっぽど人気があるみたいですね。たかだか試写会なのに危険を冒してカラーコピーで堂々と試写会にはいるなんて、普通の神経では考えられませんね。

まあ、人気のジャニーズアイドル、山下智久が主演なので仕方ないかも知れませんが、前売り券買うとか、映画の日などを利用して安く見ればいいものを。試写ということで山下智久の舞台挨拶見たさかも知れませんが、もうちょっと考えてほしいですね。

クロサギ公式ガイドブック



posted by スターウオッチャー at 21:04 | TrackBack(0) | 日本のスター
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88650802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。