2008年03月26日

加トちゃんケンちゃんコンビ、古巣TBSで復活

80年代後半から90年代にかけて放送されたTBSのバラエティー「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」で絶大な人気を誇った志村けん(58)と加藤茶(65)が、約16年ぶりに“古巣”の同局でコントをする。4月1日放送の特番「志村けんだよ大集合!!コントとトーク大放出スペシャル!!」(後9・00)。志村はトークゲストで参加する泉ピン子(60)との初共演も果たす。

「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」は、「8時だヨ!全員集合」の後を受ける形で86年にスタート。土曜午後8時枠で激しい視聴率戦争を繰り広げたフジテレビ「オレたちひょうきん族」を終了に追い込んだといわれるほどの人気で、92年まで放送された。

2人はその後もテレビなどで共演。25日に放送されたフジテレビの特番「志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル」でも共演したが、お笑い界の一時代を築いた“古巣”で、再び披露するコントに注目が集まりそうだ。

今回の特番は、芸歴35年を迎える志村が提案した、コントとトークをコラボレーションさせた新感覚のバラエティー。いろり端で談笑している志村の元に、志村ファンであるゲストが「志村けんと○○したい」と、夢のリクエストを持って訪問。トークの間にコントを盛り込んだ内容だ。

23、24日に都内のスタジオで収録。加藤は、中山秀征(40)、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」らとトークに参加。「…ごきげんテレビ」などの懐かしい映像を見て、志村と加藤が「久しぶりにやろうか」と盛り上がる。

2人がおじいさんに扮装したり、加藤のおなじみのギャグであるクシャミを使ったコントなど、往年の笑いが満載。収録に立ち会った関係者によると、セリフや動きのほとんどがアドリブにもかかわらず、息ぴったりだったという。

≪ピン子も「アイ〜ン」≫トークゲストの1人としてピン子が登場。志村とは番組での共演はもちろん、会話をするのも初めて。同局で4月3日スタートの主演ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の衣装で登場し、“幸楽ラーメン”を差し入れるなどドラマをPR。「キャバクラになんか行ってないで早く結婚しろ」と志村を説教する場面も。次回はコントをやろうと誓い、そろって「アイ〜ン」を決めた。

また、宮崎県の東国原英夫知事も出演。名産品のおみやげを渡すと、志村が「お礼に」とヒゲダンスを披露。

(スポーツニッポンより)

加トちゃんケンちゃんが古巣のTBSでコンビ復活です。昔の「8時だヨ!全員集合」 から慣れ親しんだファンにとっては、今時のお笑い芸人と違って子供でも純粋に親しめてよかったですね。

今回は加トちゃんケンちゃんと宮崎県知事の東国原知事との共演もあってなかなか楽しい番組になりそうですね。

【送料無料】ドリフだョ!全員集合(赤盤) / ドリフターズ




posted by スターウオッチャー at 08:08 | TrackBack(0) | お笑い芸人

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。