2008年02月15日

リア・ディゾン、引退説を完全否定。それほど芸もないと思うのですが...

グラビアアイドルで歌手のリア・ディゾンが14日(木)、東京・原宿のアメーバスタジオの開局1周年特別番組『アメスタ 1st Anniversary』にゲストとして登場。一部週刊誌などで引退説を報道されていたリアだが、歌手デビュー2年目を迎えたこの日「音楽とグラビア」での活動に意欲があることをアピールし、「ツアーも念頭に置いています」と今後も変わらず、芸能活動を続けていくことを誓った。

この日で1周年を迎えた同所と同じく、CDデビューを果たして1周年のリアは、グラビアアイドル・歌手として活動してきた1年間を「いろんなものを学び経験しました。学んだおかげで次の1年も自信を持ってやっていけます」とコメントし、「葛藤や困難を乗り切ったことで(2年目にやりたいことが)見えてきた。ツアーも念頭に置いています」と引退報道を一蹴するコメントと共に、3月26日に香港で行う初のワンマンライブや同日発売の新曲「Love Parabox」と写真集「ピュアリア!」について意気込みを語った。

また、この日はバレンタイン当日ということもあり、誰かにチョコをあげるかと聞かれると「昨日義理チョコを作りました。スタッフにあげます」と答え、本命へのプレゼントはないのかの質問には「ホントです。約束します。スタッフだけです!」と日本語で力説。自身にとってのバレンタインは「自分が1人だというのを痛感する日。クリスマスイブと同じ」と切なげに語っていた。

(オリコンより)

リア・ディゾン、週刊誌などに載った引退説を完全否定のようですね。そもそもリア・ディゾン、本国アメリカではむちゃくちゃセクシーな格好で、いわゆるきわものタレントとしか思えないのですが、日本に来るといきなりアイドルですからね。

そもそもこのリア・ディゾン、歌も下手、日本語も????、いわゆる完全に見た目と物珍しさのタレントで、芸もない女性で、それほど長く持たないような気もするんですけどね。

リア・ディゾン、ギリギリDVD
posted by スターウオッチャー at 06:32 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年02月14日

中川翔子、10億アクセス突破のしょこたんブログがヤブログからエキサイトブログへ完全移籍

04年11月の開設以来10億アクセスを突破したタレントの中川翔子さん(22)の人気ブログ「しょこたん☆ブログ」が14日、ヤプログからエキサイトブログに“完全移籍”した。同ブログは1月22日にエキサイトブログでも始まり、14日早朝までは両方が更新されていたが、同日午前9時にヤプログ側に移転のお知らせが掲載され、以降の更新が止まった。中川さんはエキサイトブログ側で「正直さみしくてしかたない」などと心境を明かしている。 

中川さんは、14日午後0時28分、「本日から 昨日までつらいときもかなしいときも毎日の翔子の人生をようしゃなくつづりヤプース時代からすると二万回以上、10億アクセスもしていただいた人生においてかけがえのない場所、人生をつくってくれた場所yaplog!みかんとさよならをしなければならないそうです…」と報告。移籍の理由については「かわらなきゃならないいろんな事情があるみたいです」と言葉を濁しているが、最後には「みかんありがとうさようなら エキサイトこんにちは」と前向きにコメントしている。

(毎日新聞より)

10億アクセスというどえらい偉業を達成したアイドル・中川翔子のしょこたんブログがなんといきなりヤプログからエキサイトブログに完全移籍した。

しかし、ヤプログにとっては名物ブログ名だけにおそらく両社では移籍料が発生していると思うのですけど、この辺は大人の話なので...。

しょこたん☆かばー×2 〜アニソンに愛を込めて!!〜
posted by スターウオッチャー at 14:23 | TrackBack(0) | 日本のスター

藤本美貴、ミキティー、アダルト歌謡で5年ぶりソロシングル。そんなになりますか...

昨年5月にお笑いコンビ・品川庄司の庄司智春(32)との熱愛が報じられてモーニング娘。を脱退し、同7月から芸能活動を自粛していた藤本美貴(22)が、4月23日に“復帰”ソロシングルを発売することが13日、分かった。「吾亦紅」で昨年の紅白歌合戦に出演した杉本眞人氏(58)作曲の「置き手紙」を堀内孝雄(58)と競作する。

庄司との熱愛のケジメとして昨年6月にモー娘。を脱退した藤本にとって、芸能活動は同7月3日に松浦亜弥(21)とのユニット・GAMとしてコンサートツアーを終えて以来、約9カ月ぶりとなる。フットサルチーム「ガッタスブリリャンチスH.P.」の選手として試合には出場していたが、表舞台は久しぶりだ。
 
「置き手紙」はもともと杉本氏が堀内に提供した楽曲。2人で暮らしていた部屋で、出て行った彼を思う切ない女心を歌ったこの曲を聞いたスタッフが、藤本に競作を提案し、復帰プランが動き始めた。アイドルから大人の歌手へと路線変更することを決めていた藤本にとっては願ったりかなったりの内容だった。
 
2月上旬のレコーディングでは杉本氏が直接歌唱指導する一幕も。再スタートに藤本は「今までとは違う感じですが、新しい藤本美貴を応援してくださいね」と“ニュー・ミキティ”をアピール。堀内も「それぞれの持ち味の『置き手紙』をお届けできるのも楽しみ」とエールを送った。
 
藤本がCDを発売するのは昨年5月23日のGAMのアルバム「1st GAM〜甘い誘惑〜」以来、ソロ歌手としては03年2月5日の「ブギートレイン’03」以来5年ぶりとなる。恋する女としての経験が大人の楽曲に生かされるのか注目されそうだ。

(デイリースポーツより)

藤本美貴ミキティー、モーニング娘を脱退後、いまいちパッとしませんでしたが、5年ぶりにシングルですか。そんなに前だったのか、という感じですね。

しかし、堀内孝雄用に準備した曲を藤本美貴がうたうって歌いこなせるのかなあ?

アロハロ!藤本美貴 DVD
posted by スターウオッチャー at 14:02 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。