2008年01月07日

浜崎あゆみ、左耳がきこえなかった。全く知りませんでした

今年10周年を迎える歌手、浜崎あゆみさん(29)が、以前から抱えていた左耳の突発性内耳障害が悪化し、左耳が完全に機能不全であることが6日、分かった。

自身の公式ファンクラブHPで明かしたもので、4日付のブログで「実は去年、耳の検査をしてもらったのだけど、左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と衝撃の告白。続けて「私はボーカリストであり続けたい。だから残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける。行くぜ10周年!!」と歌手業を続けていく決意をつづっている。

所属レコード会社のエイベックスは「休むというのではなくあくまで決意表明的なもの」とコメント。あゆは平成12年に痛みや難聴感を伴う左耳内障害を告白していた。

(産経新聞より転載)

浜崎あゆみの左耳がきこえない、朝ニュースで読んでびっくりしました。しかし、嫁さんに聞いたらそれはファンの間では周知の事実らしいです。前から悪かったとのことで、私は全然知らなかったことですが、しかし、左耳がきこえなくてもあれだけあれだけがんばっている浜崎あゆみに感服しました。

エイベックス・エンタテインメント 浜崎あゆみ/Memorial address(CCCD)

posted by スターウオッチャー at 12:10 | TrackBack(3) | 日本のスター

2008年01月06日

沢尻エリカさま、ご機嫌気分でロンドンへ出発

女優の沢尻エリカ(21)が4日、恋人で映像作家の高城剛氏(43)と成田空港からロンドンへ出発した。最愛の人と2人きりでのラブラブ旅行に沢尻は終始ご機嫌で、報道陣やファンにとびっきりの笑顔を振りまき、昨年の不機嫌イメージを払拭。ひとまわり成長した“ニューエリカ様”の幕開けを印象づけた。

午前11時35分ごろ、大きな熊のぬいぐるみとドイツの高級メーカー、ライカ製カメラを手にした沢尻が、高城氏と寄り添いながら、弾むような足取りで第2ターミナルに現れた。

沢尻は黒いロングコート、高城氏は黒い革ジャンにジーンズ姿。話題のカップルの登場に空港は一時騒然となったが、2人は人目をはばかることなくアツアツモード。そんな中、特に目を引いたのが、沢尻の笑顔だ。

昨年9月の映画舞台あいさつで、「別に…」と発言するなど不機嫌な態度が物議を醸し、一斉にバッシングを浴びた沢尻だったが、この日は終始笑顔。報道陣のカメラにも快く手を振り、逆に自分のカメラで報道陣を撮影したり、居合わせたファンの握手にも気さくに応じたりと、サービス精神を存分に発揮した。

「どこへ行くのですか?」「どんな年にしたい?」などの矢継ぎ早の質問には笑顔を返すだけだったが、「ファンにひと言?」の質問には「バイバイ」と言って、にこやかに出発した。

2人は先月上旬にも、英ロックバンド、レッド・ツェッペリンの再結成ライブを鑑賞するため同じロンドンへと向かい、帰国時には成田空港で2人寄り添う姿がキャッチされたばかり。その際、沢尻の不機嫌そうな表情が印象的だった。

が、今回は対応すべてが明るくさわやかで、不機嫌イメージを完全に払拭。今年は笑顔のスタートで、“ニューエリカ様”を印象づけた。騒動以来、さまざまなバッシングを受けた沢尻だが、それを糧にし、最愛の人にも見守られ、ひと回り成長したようだ。

(サンケイスポーツより転載)

沢尻エリカさまのこれほどのご機嫌モードはなんだか珍しい気がします。

しかし、これだけ喜怒哀楽の激しいプッツン女優を御しできているのは、20歳以上離れたマルチクリエイター高城剛氏だからできることと思いますね。同年代の男性だったらとてもじゃないけど沢尻エリカ様をコントロールするのは難しいだろうなあ。

Destination Nowhere
posted by スターウオッチャー at 09:55 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年01月05日

お正月もあけて成田空港は芸能人の出国ラッシュ

成田空港は4日、正月三が日に仕事を一段落させた芸能人の出国ラッシュとなった。

歌舞伎俳優の中村勘三郎(52)は夫人の好江さん(48)とともに現れ、「香港経由でネパールに行ってきます。プライベートでね。滞在は1週間ぐらいです」とにっこり。

俳優の渡辺謙(48)は、ラフな格好にサングラスをかけて現れた。「ロスに戻りますよ」と、2003年公開のハリウッド映画「ラスト サムライ」に出演して以来、海外拠点にしているロサンゼルスの自宅へ向かうことを明かした。続けて、「2月には仕事で日本に戻ってきます」。世界をまたにかける渡辺らしい多忙ぶりだ。

(サンケイスポーツより転載)

昔から思ってましたが、芸能人とハワイとお正月。なんでこの取り合わせなのかよく分かりませんね。

確かにハワイは英語も通じるし、日本人もい多いことから人気なのでしょうが、最近ちょっとこのパターンも崩れてきて人気の分散化も見られますが、それでも彼らのなかには根強いハワイファンが多いんでしょうね。

旅の極意、人生の極意
posted by スターウオッチャー at 16:43 | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。