2009年09月04日

石原真理(子)またもやプッツン女優ぶり発揮?また離婚

女優の石原真理(45)=石原真理子から改名=が4日、2月に復縁入籍した歌手の玉置浩二(50)との離婚報道についてブログで言及した。石原は「本日の記事についての状況は私たち2人しか知らないことで、私たちも皆さまにお話出来る状況では御座いません」と離婚報道について、否定も肯定もしなかった。

石原は「後にご報告をするまで、状況を存じていないレポーターなどの偽り話とか、憶測記事をまとめるようなことは無いように自重して頂きますようお願い申し上げます」とも綴っている。

(サンケイスポーツより)

元祖プッツン女優こと石原真理=石原真理子がまた玉置浩二と離婚の模様らしいです。

この石原真理と玉置浩二の離婚報道、どこまで本当の話なのか、いまいちよくわかりませんが、くっついたり離れたりするカップルですね。

石原真理のみならず、3度も離婚している玉置浩二のもかなり問題ありという感じもしないでもないですが、お互い合真理に自分の中の異性像が強すぎて妥協できないんじゃないの?

結婚するのに妥協ができない相手をもらってしまった、相手側はかわいそうなもんですね。結婚は妥協の産物です。

「石原真理子」写真集  ☆ Marie ☆
posted by スターウオッチャー at 17:33 | 日本のスター

2009年09月01日

軍艦島でB’zのミュージックビデオ撮影。奇抜なアイデアですね

人気ロックデュオ・B’zが10月14日に発売するニューシングル「MY LONELY TOWN」のミュージックビデオ撮影が、今年35年ぶりに上陸が解禁された長崎の軍艦島」で行われた。軍艦島でこれほど大規模なミュージックビデオの撮影が行われたのは今回が初めて。

撮影は長崎市の協力により行われ、観光ルート以外の立入禁止区域でも敢行。1958年に建設されたまま現存する小中学校や、90年以上前に建てられた日本初の鉄筋コンクリート造のアパート前、海原に面した20トンクレーンの跡地などでもカメラが回された。観光では見られない風景のほか空撮で捉えたシーンも盛り込まれており、ダイナミックな映像に仕上がっている。

長崎港から南西約19kmの沖合に位置する軍艦島(正式名称・端島)は、大正〜昭和30年代に栄えた海底炭鉱の島。炭鉱の閉山に伴い1974年に無人島となったが、今年4月から観光客の上陸が可能になった。歴史的な建築物が多く“近代化遺産”として注目を集めており、今年1月には世界遺産の暫定リスト入りをしている。

このミュージックビデオは、シングル「MY LONELY TOWN」の初回限定盤の特典DVDに収録される。

(オリコンより)

あのビッググループB’zが何とあの長崎県にうかぶ石炭時代には栄華を極めた軍艦島(正式名称・端島)でミュージックビデオの撮影を行ったそうです。これって結構奇抜だけどいいアイデアですね。

このB’zの軍艦島での撮影ビデオ、シングル「MY LONELY TOWN」の初回限定盤の特典DVDに収録されているということで、軍艦島を知らない人にとっても一石二鳥のシングルですね。買う価値あるかも。

■初回限定盤■B'z CD+DVD【MY LONELY TOWN】09/10/14発売


posted by スターウオッチャー at 17:59 | 日本のスター

2009年08月29日

相武紗季、新作本で自分の攻略の仕方を大胆発表?

女優の相武紗季が29日、都内でオールスタイルブック『フタマワリ サキマワリ』の発売記念握手会を行った。握手会前に報道陣のインタビューに応じた相武は、同作について「私の気持ちがわかる。これを私の攻略本として読んでもらえれば」とニッコリ。報道陣から、同書を読んだ男性は相武を攻略できるのか? と問われると「できます! 確実に」と笑顔で応えた。

同書は、雑誌『TVガイド』(東京ニュース通信社)で2008年4月から1年間の連載で綴った“相武の身の回り半径1m=サキマワリ”のエピソードや撮りおろしショット、インタビューなどをまとめたもの。24歳の誕生日を迎え、“フタマワリ”目に突入したものの、年齢については「あまり実感してない。(ドラマで)大人な役を演じれるようになったり、少しずつ変わってきたかな?」とあっけらかんと語った。

最近面白かったエピソードについて相武は“月9”ドラマ『ブザー・ビート 〜崖っぷちのヒーロー〜』(フジテレビ系)で演じる役柄を挙げ「今、ドラマの役が板についてきて悪女っぷり(を演じるの)が楽しくなってきた」と明かし、プライベートでの自身についても「そういう面も欲しい。私は(恋愛については)いたってシンプルなので」とさらなる“恋愛テクニック”向上に意欲をのぞかせていた。

(オリコンより)

相武紗季の攻略本?そんなこといわれても、よっぽどのファンじゃないと買わないでしょうけど、これも結局、ゴーストライターもの?なおでしょうか。

でも相武紗季ファンには購入しがいのある書籍なんでしょうね。昔、歩インクレディーの本をよく買ったのを思い出します。

相武紗季オールスタイルブック フタマワリサキマワリ

posted by スターウオッチャー at 23:22 | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。