2009年08月04日

酒井法子が行方不明。いったいどこへ...

自称プロサーファーの高相祐一容疑者が覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された件で、高相容疑者の妻で歌手で女優の酒井法子が4日午後6時の時点で行方不明になっていることが明らかになった。同刻、所属事務所のサンミュージック・相澤正久社長が緊急会見を開き、親族が警視庁赤坂署に捜索願を提出したと報告。現在、酒井の携帯電話は留守番電話サービスになっており、まったく連絡がつかない状態だという。相澤社長は「ぜひ、これを法子が見ていたら、僕らになんでもいいから話してください」と呼びかけた。

「お騒がせしております」と謝罪した相澤社長は「酒井法子に関してですが、本人と接触とれておりません」と失踪中であることを報告。「周りに気を遣う子ですから、家族のことで事の重大さに悩んでると思う」と酒井の心境を汲んだ上で「本日(午後)2時に高相さんのお母さんと相談して、赤坂署に捜索願を出しました」と明かした。

相澤社長が酒井と会ったのは、社内での取材があった7月中旬が最後といい、「ちょうど子供が夏休みだった」ことから8月下旬までスケジュールを空けていたという。その矢先の出来事だけに「連絡を取ってくれて、ぜひ相談にのって欲しいというのが切なる希望です」と神妙な面持ちで語った。

酒井と高相容疑者は1998年12月に結婚、翌年には長男が誕生した。

(オリコンより)

のりピーコト酒井法子が夫の覚せい剤の件以来、行方不明になっているそうです。一体全体どこへ。変な考えおこさないでほしいけど。

それにしても、この頃のかわいらしい芸能人が不良夫のせいで泣かされるのを見るとかわいそうに思うけど、選んだのは彼女たちなので仕方ないといえば仕方ない...。

◆翌日出荷◆ポイント10倍!送料無料! ★酒井法子プロデュース2009年の新作です♪PPrikorino...
posted by スターウオッチャー at 19:25 | 日本のスター

押尾学、MDMAで麻薬取締法違反の疑い逮捕。芸能界永久追放?&矢田亜希子と離婚へ

幻覚作用のある合成麻薬MDMAを服用していたとして、警視庁麻布署は3日夜、麻薬取締法違反(使用)の疑いで、俳優でミュージシャンの押尾学容疑者(31)を逮捕した。同署によると、「昨日、知人からもらった固形物を飲んだことに間違いはないが、違法なものとは思わなかった」と供述している。

麻布署によると、2日夜、東京都港区六本木のマンションで119番通報があり、署員が駆けつけると裸の女性がベッドで死亡していた。この部屋に出入りする関係者から事情聴取を進め、押尾容疑者に薬物の尿検査を実施したところ、MDMAの陽性反応が出たという。

同署によると、押尾容疑者は「昨日、知人からもらった固形物を飲んだことに間違いはないが、違法なものとは思わなかった」と供述しているという。

所属事務所のエイベックス・マネジメントは3日、公式ホームページ上で押尾容疑者との契約を同日付で解除したと発表。理由については「当社との契約に反する行為を行ったため」とし、「詳細につきましては、追ってご報告申し上げます」とした。

所属事務所のホームページなどによると、押尾さんは東京都出身。平成10年に俳優デビューし、「ラブレボリューション」「クニミツの政」など人気ドラマに出演。ロックバンド「LIV」のボーカル兼リーダーとしても活動し、18年には女優の矢田亜希子さん(30)と結婚、1男をもうけた。

MDMAは通称「エクスタシー」と呼ばれる錠剤型の合成麻薬で、服用すれば感覚や感情に影響を及ぼす幻覚・興奮作用があり、大量摂取で心臓発作や脳卒中を起こし死亡するケースもある。経口服用で抵抗感が少ないことから近年は若者の間での乱用が指摘されている。

(産経新聞より)

押尾学、なんですか、結局、合成麻薬で逮捕ですか。なんともばかばかしいタレント。ただ、そこに全裸の女性の死体があったというのはちょっと怖いですね。まあ、押尾学、芸能界永久追放のほうがよろしいんじゃないでしょうか。

そして奥様の矢田亜希子さんとは長男が生まれてからは別居状態で音信不通ということで離婚濃厚ということです。早めにこんな男性とは要りつけたほうがいいかと...。

流行り歌に隠されたタブー事件史

posted by スターウオッチャー at 06:56 | TrackBack(0) | 日本のスター

2009年08月03日

押尾学、とうとうエイベックスを首切り。女性トラブル?彼らしい...

エイベックス・マネジメントは3日、「契約に違反する行為を行った」ためタレントの押尾学との契約を同日付で解除したことを同社公式サイトで発表した。具体的な理由は明記しておらず「詳細につきましては、追ってご報告申し上げます」としている。

ロック歌手・LIVとしても活動する押尾は2005年末に大手芸能事務所・研音を離れ、フリー期間を経て昨年5月15日にエイベックスに移籍。以前から海外活動を視野に入れていたことから「そんな姿勢や想いに、共感してくれる会社やスタッフに出会え、本当に嬉しく思います」と翌日付のブログで綴っていた。

(オリコンより)

押尾学といえば、女たらしの男性タレントで名をはせていますが、とうとう所属事務所のエイベックス・マネジメントから契約を解除されました。

そもそも背中の入れ墨や女性を食い物にするような男性タレントだっただけにどうなっても誰もかわいそうと思う人もいないのでしょうが、一体全体なにをしでかしたんでしょうか。気になるところです。

これといって芸もなさそうだし、バンドといっても音楽性はなさそうだし、こういうタレントのいくすえがどうなるのか、あまり興味がありませんが、それにしても本当に契約違反とは何だったのか、そこが気になります。噂では女性トラブルのようですが、彼らしい契約解除のされ方かも。

本当にあった!有名人のリストラ劇場




posted by スターウオッチャー at 18:16 | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。