2009年02月23日

「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞授賞。しぶい

米映画界最大の祭典、第81回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の発表・授賞式が22日(日本時間23日)に行われ、滝田洋二郎監督(53)の「おくりびと」が外国語映画賞に選ばれた。56年度(29回)に同賞が独立した賞になって以来、日本作品が受賞したのは初めて。また、加藤久仁生(くにお)監督(31)の「つみきのいえ」が短編アニメーション賞に選ばれた。日本人監督作品の同賞受賞は初めて。

日本作品のアカデミー賞受賞は02年度(75回)に「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)が長編アニメーション賞を受賞して以来、6年ぶりとなる。

「おくりびと」は、チェロ奏者から納棺師に転職した主人公が死者を装う仕事の中で家族のきずなを再確認していく物語。毎日映画コンクール日本映画大賞やモントリオール世界映画祭グランプリを受賞するなど、国内外で高い評価を受けてきた。

外国語映画賞のプレゼンターが「Departures」と「おくりびと」の英語タイトルを告げたのを受け、壇に上がった滝田監督は「これが私にとって新しい旅立ちになる」と語った。

外国語映画賞が名誉賞の一部だった時代、日本映画は「羅生門」(51年度、黒澤明監督)、「地獄門」(54年度、衣笠貞之助監督)、「宮本武蔵」(55年度、稲垣浩監督)の3作品が同賞を獲得。だが、その後は03年度まで11回ノミネートされながら、いずれも受賞を逃していた。

「つみきのいえ」は水没していく家に住む1人暮らしの老人を描いた約12分のアニメーション。フランスのアヌシー国際アニメーション映画祭グランプリなどを受賞していた。

加藤監督はオスカー像を手に「とても重い。ありがとう、アニメ」と言って喜びを表した。

(毎日新聞より)

「おくりびと」が日本アカデミー賞のみならず、本場アメリカのアカデミー賞で外国語映画賞授賞を授賞しました。おめでとう。すごい。

それにしてもこういう暗そうな映画は根本的にはスキではないけれど、やはりこういう賞を取るということはいい映画なんでしょうね。一度見ておかねば。

おくりびと/本木雅弘[DVD]
posted by スターウオッチャー at 19:51 | 日本のスター

ギラン・バレー症候群?釈由美子がブログで告白も...

女優の釈由美子(30)が22日、難病の「ギラン・バレー症候群」と診察されたことを自身のブログ上で明かした。手足に力が入らなくなる症状が出る病気だが釈の場合は極めて軽く、ブログを見た同医師から「末しょう神経炎ぐらいのレベルに過ぎない」とあらためて説明を受けたため、同日中に急きょ文章は削除。「もう大丈夫」と“シャク明”する文に書き換えた。

釈がブログで報告した病気をめぐり、ちょっとした“騒動”が起きた。

釈は17日付のブログで、前日16日夜から風邪をひいて体温が40度を超えるほどと報告。そして22日付のブログでは、前日21日に「金縛り」のような状況で「体が動かなくなっちゃって」病院に行ったところ、「ギラン・バレー症候群」と診断されたことを告白した。

その上で「末しょう神経が麻痺したみたい。私の場合は処置が早く、ごく軽度…もう日常生活に支障はないですよ」と症状が軽いことを強調。「1週間もすれば完治すると先生に言ってもらえたので、2、3日ゆっくり安静にして仕事が始まったら気合でがんばります」などと記した。

ただギラン・バレー症候群は風邪の後遺症で発症する場合もあるが、重い症状の場合だと女優の大原麗子(62)や元外相で自民党参院議員の川口順子氏(68)らのように、歩行障害などを引き起こし、数カ月以上の静養を強いられるようなケースもある。

釈の所属事務所によると、診断した医師がブログを見て釈に連絡。釈の症状はそこまで“大ごと”ではなく、「末しょう神経炎と診断してもいいくらいの軽いレベルだ」とあらためて説明を受けたという。医師の説明から、ファンの間に不安が広がることも考慮してブログは削除した。

その代わり、「心配しないでね」との題名で、病名には触れない文章に書き換えた。「もう大丈夫ですよ。風邪も体調も万全に戻って、普段通り元気にやっています」として、「みんなに心配かけるコメントが続いてごめんなさい」とつづった。

同事務所は「今は手足が少しだけしびれている程度で、日常生活や仕事にはまったく問題ない」と説明。釈ちゃんファンは一安心だ。釈は24日放送のフジテレビ系「B型オンナが結婚する方法」(火曜後11・0)に主演する。

(サンケイスポーツより)

あの釈由美子がブログでギラン・バレー症候群にかかったとの告白も、すぐにその文書が削除されたそうです。

それにしてもこの難病といわれるギラン・バレー症候群、手足がしびれるようになるそうですが、芸能人でも何人かかかって最近、テレビに出てこない方も何人かいるようですが、何だかよく分からない病気だけに名前だけではどんな病気なのか、まったくわからないもんですね。
スカイハイ(2) / 釈由美子


posted by スターウオッチャー at 10:03 | 日本のスター

2009年02月22日

平子理沙、ヌードもあり写真集。吉田栄作の奥様だったのね

人気モデル、平子理沙(年齢非公表)が21日、東京・三省堂有楽町店で初写真集「Etoile(エトワール)」(23日発売、講談社、3465円)の発売記念イベントを行った。

デビュー19年目にして初の写真集で、一糸まとわぬ“奇跡のヌード”に挑戦した。透き通るような白い肌を全開にして、手ブラや女豹のポーズも披露。バストトップをあらわにした衝撃ショットもあるという。アラフォーの入り口にさしかかった平子だが、年齢をまったく感じさせない抜群のプロモーションは、まさに同世代の輝ける星だ。

出版の経緯について、「最初は(ヌードに)とまどったけど、それ以上に今の自分を残しておきたい気持ちが強かった」と熱い思いを吐露。「家族には相談しました。応援しているよ、って感じでしたね」と夫の俳優、吉田栄作(40)のサポートも後押しした。

「今後もいろんなことに挑戦していきたい」と意欲的な姿勢を見せたが、女優業については「セリフ覚えとか(夫を)見ていると私にはできない」と苦笑。栄作との“夫婦ペア写真集”の可能性を聞かれると、「それはないです」と照れながら否定した。

「女性にも共感してもらえるヌーディな感じになっていると思います」とPRし、「ストレスフリーで毎日を楽しんで」と自らの美の秘訣も語っていた。

(サンケイスポーツより)

平子理沙さんの新しい写真集が発売とのことで、なんとこの写真集の中で平子理沙さんがヌードも公開しているそうです。

それにしてもこの平子理沙さん、だんだんにも出ている吉田栄作の奥さんだったとは。どんなポーズで出ているんでしょうか。なかなか楽しみな写真集です。

E´toile

posted by スターウオッチャー at 10:50 | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。