2009年01月28日

青山孝史、フォーリーブスのメンバーの一人が肝臓がんで死亡

1970年代に活躍した4人組アイドルグループ「フォーリーブス」の青山孝史さんが28日、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。57歳だった。

16日に会見した同僚の江木俊夫(56)によると、青山さんは昨年10月中旬にがんが見つかり、深刻な病状だったが「どういう形になってもステージに出たい」と開催中の同グループの全国ツアーに、入院先を抜け出して出演。10歳になる娘を思い「1秒でも(長く)生きたい」と話していたという。

青山さんは67年に江木、おりも政夫、北公次の4人でフォーリーブスを結成し、「オリビアの調べ」でデビュー。歌って踊る人気グループの先駆けとなり、NHK紅白歌合戦には70年の初出場から7年連続出場。78年に解散後、2002年に再結成していた。

(スポーツ報知より)

フォーリーブスのメンバーであった青山孝史さんが肝臓がんで死亡したということです。

フォーリーブスといえば、かつてはジャニーズ事務所に所属して活躍した元祖アイドルグループ。今でいえば、まさしくスマップ(SMAP)といったところなのですが、そのメンバーの一人、青山孝史さんが57歳という若さでお亡くなりになりました。

フォーリーブスといえば、バクテンなどでステージでも活躍していたため元気のいいメンバーばかりだったのですが、まさかなくなるなんて。ご冥福をお祈りいたします。

フォー・リーヴス/ザ・ベリー・ベスト・オブ・フォーリーブス(CD)


posted by スターウオッチャー at 14:06 | 日本のスター

2009年01月22日

膳場貴子アナウンサー2度目の離婚。結婚には向かない女性...

TBS系「NEWS23」の膳場貴子キャスター(33)が、離婚していたことが21日、分かった。代理人が同局を通じ「離婚したことは事実です」とのコメントを発表した。東大在学中から交際していた会社員と01年5月に結婚し、03年2月に離婚。05年10月には欧州勤務の会社員と再婚しており、2度目の離婚となる。関係者によると、膳場キャスターは4月から、30分のニュース番組に短縮される同番組のメーンを務めるという。

TBSの“夜の顔”として、才色兼備で人気の膳場キャスターが、プライベートでは2度目の離婚を経験していた。

この日、一部の離婚報道を受け、膳場氏の代理人が「離婚したことは事実です。それ以外は私事であり、お答えすることはありません」とのコメントを発表した。

22日発売の「週刊新潮」によると、離婚したのは1年以上前の07年の暮れだったという。また、同誌は関係者の話として、膳場氏が「NEWS23」で共演していた故・筑紫哲也さん(享年73歳)にも離婚を相談し「ジャーナリストは芸能人ではないのだから、プライベートをすべて公表する必要はない」とアドバイスを受けていたと報じている。

膳場氏は、NHKアナウンサー時代の01年5月、東大在学中から5年間交際していた都内の大手化学系企業に勤務する会社員と結婚。しかし、2年足らずの03年2月にスピード離婚。同年の紅白歌合戦で紅組司会を任されるなど、看板アナの多忙さによる生活のすれ違いが原因とみられていた。

06年3月いっぱいでのNHK退職を発表した際には、05年10月に会社員と結婚していたことも明らかに。再婚を機にアナウンスの仕事を離れ、欧州に勤務する夫との生活を優先したが、06年9月から「NEWS23」のサブキャスターに就任した。

NHKからTBSの人気キャスターとなり、筑紫さんの“女房役”としてニュースを伝えたが、2度目の結婚生活の方はまたもや約2年で終止符を打っていたようだ。

同番組も4月からは30分のニュース番組に短縮。番組名の変更も検討されている。出演時間が減ってしまう東大卒キャスターの今後の動向が、公私ともに注目を集めそうだ。

なお、この日の「NEWS23」では、離婚については何も語らなかった。

(報知スポーツより)

またまたTBSで活躍中の元NHKアナウンサー膳場貴子アナウンサーが2度目の離婚をしていたそうです。

この手の離婚を繰り返す女性というのは、やはり離婚癖がついているというか結婚には向かない、結婚不適正女性と言わざる得ないかも。プライドだけが先に立つ、高学歴女性ってところでしょうか。

<NHK DVD>[DVDソフト] プロジェクトX 挑戦者たち 第8期 湯布院 癒やしの里の百年戦争

posted by スターウオッチャー at 09:14 | 日本のスター

2009年01月19日

華原朋美、薬物の取りすぎで病院へ運ばれる

歌手の華原朋美さん(34)が17日未明、東京都墨田区の「錦糸町駅北口交番」で体調不良を訴え、救急車で病院に運ばれていたことが19日、分かった。

警視庁本所署によると、華原さんは17日午前3時過ぎ、JR錦糸町駅南口から1人でタクシーに乗車。しかし、意識がもうろうとしており、受け答えができない状態だったため、運転手が近くの錦糸町駅北口交番に連れて行ったという。華原さんは「医者に処方された薬を飲んだ」と話したといい、同署は精神安定剤などによる急性薬物中毒の可能性があるとみている。

華原さんは平成7年に小室哲哉被告(50)=詐欺罪で起訴=のプロデュースで歌手デビュー。「I’m proud」などのヒット曲で日本レコード大賞も受賞したが、19年6月に所属事務所が契約解除を発表し、現在は芸能活動を休止している。

(産経新聞より)

あのトモちゃんこと元アイドル歌手、華原朋美が急性薬物中毒らしき症状で救急車で運ばれたそうです。

それにしても昔は明るかったあの華原朋美、やはりあの小室哲也との昔の破局がおを引きずっていたのでしょうか。精神安定剤なんてのを常用するとは...

それにしても34歳とはいえ、そこそこ美人の華原朋美、早くいい男性を捕まえて結婚すればそんな事忘れられるんじゃないの?

急性薬物中毒の指針
posted by スターウオッチャー at 16:17 | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。