2009年01月16日

蒼井そらとハチミツ二郎の美女と野獣コンビ、破局

06年年末から交際が報じられていたセクシータレントの蒼井そらとお笑いコンビ・東京ダイナマイトのハチミツ二郎が15日、それぞれのブログで“破局”をW告白した。ハチミツは「彼女には許せないことがありオレには譲れないものがある。たくさんたくさんありがとう。さよなら。オレよりしあわせになってくれ!」と激白。蒼井も「関係に終止符を打ちました。何も揉めてません。テンションも下がってません」とそれぞれの言葉で“破局”を綴った。

「日本一モテる肥満児」を自称し、昨年は、「もう一人の金髪豚野郎」として話題を集めたハチミツと、AV界出身で『嬢王』(テレビ東京)などのドラマやバラエティー番組にも出演している蒼井。2人は、06年年末に交際が写真週刊誌によって報じられ、蜜月を続けてきた“美女と野獣”カップルだったが、同日わずか6分差というほぼ同時刻に破局をW告白。

蒼井が「ふたりの今後の為に報告させていただきます」と語るように前向きな別れのようで、ハチミツも「明日からまたモテるぞー!総ての女性にチャンスがあります!」と次の恋愛に向けての意気込みを明かしている。

(オリコンより)

アダルト女優の蒼井そらと東京ダイナマイトのハチミツ二郎が破局したそうです。蒼井そらの浮気?が原因?だとは思いますが、やはり心配しなければならないような彼女は問題ですね。

ハチミツ次郎、これからは落ち着いた彼女をつくりましょうね。

蒼井そら
posted by スターウオッチャー at 14:20 | 日本のスター

2009年01月15日

松田聖子、神田沙也加、親子で稼ぎますね

歌手の松田聖子と神田沙也加が、5年ぶりに親子でテレビCM共演することが13日(水)わかった。ふたりが共演するのは、母と娘の絆を描き全世界で大ヒット中のミュージカル映画『マンマ・ミーア!』(1月30日公開)のCMで、17日(土)から全国で放送される。

聖子&沙也加が親子でCM共演するのは、2003年放送の『グリコの熟カレー』、2004年放送の『ライオンズマンション』以来、約5年ぶり3度目。今回の『マンマ・ミーア!』のCM撮影では、少し照れながらも、お互いに「ありがとう」と感謝の気持ちを綴る。映画の感動あふれるワンシーンを彷彿とさせるような、心温まるCMに仕上がっている。

映画『マンマ・ミーア!』は、エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、20歳の花嫁ソフィの結婚式前日から24時間を描いた物語。ABBAのヒット曲にのせて構成されたユニークな舞台を、アカデミー賞俳優部門史上最多14回のノミネーションを誇るメリル・ストリープをはじめ、『007』シリーズのピアース・ブロスナン、『ラブ・アクチュアリー』のコリン・ファース、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのステラン・スカルスガルド、新星女優アマンダ・セイフライドが出演する。

現在、同作の世界興収は5億7222万ドルを超え、第66回ゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部門)では、作品賞と主演女優賞(メリル・ストリープ)にノミネートされていた。

(オリコンより)

松田聖子、神田沙也加の芸能人親子が5年ぶりの久々コマーシャル共演。芸能人親子はがっぽり稼いでますね。

それにしてもあの芸能人と付き合って、意見され少しの間不仲になっていたこの松田聖子、神田沙也加親子、仲直りしたんでしょうか?

《送料無料》松田聖子/Baby’s Breath(CD)
posted by スターウオッチャー at 09:37 | 日本のスター

2009年01月14日

フカキョンドロンジョの写真は超セクシー

実写映画版『ヤッターマン』(3月7日公開)でドロンボー一味を演じる深田恭子(ドロンジョ)、生瀬勝久(ボヤッキー)、ケンドーコバヤシ(トンズラー)の衣装姿が14日(水)公開された。すべて本皮の衣装総制作費はなんと5000万円。自ら衣装の細部にわたってリクエストを出した深田は、「細かいディテールにまでこだわっていてかわいいんです。皆さんのドロンジョのイメージを裏切らないようにしつつ、実写版ならではのドロンジョになるよう自分なりにがんばりました」とコメントを寄せている。

映画の製作発表時から話題になっていたドロンジョ衣装だが、そこにはこの役にかける深田の思い入れが形になって現れているようだ。役のオファーを受けた当初を「ドロンジョは皆さんに愛されているキャラクターだし、皆さんのなかではっきりイメージがあるので、最初に役の話をもらったときは少し不安でした」と明かす深田は、原作イメージを裏切らずに、実写版ならではのオリジナルを出すために、トータルバランスを考慮したうえでの細部にわたるアイデア出しを自ら行っている。そうして、原作に忠実ながらもオリジナルが随所に配慮された実写映画版ドロンジョ衣装が完成した。

そんな衣装を身にまとい、徐々に役に入っていったとする深田は「この衣装が出来上がるまで、何度も衣装合わせを繰り返し改良していってようやくこの形になったので、一緒に作り上げていったという気持ちです。この衣装をすごく愛しています!」と熱い思いを語っている。

なお、原作アニメ同様、おなじみの爆破シーンやおしおき場面などが実写版でも盛り込まれ、爆破後のドロンボー一味のぼろぼろ衣装も映画本編にちりばめられている。

一方、手探りでボヤッキー役を作っていったという生瀬は、今回の衣装について「この衣装になると役にスッと気持ちが入っていったので、恥ずかしいという気持ちはあまりありませんでしたね。そういう意味では衣装のおかげで演じやすかったと言えるかもしれません」とコメント。

トンズラー役を自身にぴったりと自負するケンドーコバヤシは「身につける肉襦袢などのために、全身の型をとられてしんどかったです。ここまでやるともうこの衣装含めて自分の私服に近い感じで(笑)、サラッとはおって撮影現場近くのコンビニにも行ったりしていました」と撮影でのエピソードを語っている。

(オリコンより)

フカキョンこと深田恭子のドロンジョ姿の写真が公開されました。

太ももに編みタイツ姿のフカキョンのドロンジョ姿はわおおーって感じです。いやあ、なかなかいけててセクシーなドロンジョです。映画の内容見るよりこっちの深田恭子のドロンジョ姿見に行きたくなるようなセクシーさ。何だか劇場に足を運びたくなってきた。
深田恭子meets天使
posted by スターウオッチャー at 16:52 | TrackBack(1) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。