2008年11月04日

前田有紀アナと田臥勇太。意外な意外なカップル

「やべっちFC」などに出演するテレビ朝日の前田有紀アナウンサー(27)が、プロバスケットボールの田臥勇太(28=日本リーグ、リンク栃木)と交際していることが3日、分かった。共通の知人であるサッカー日本代表DF中沢佑二(30)を通じ今夏知り合い、最近は前田アナが田臥の住む栃木・宇都宮市まで通うなどして、親密度を高めている。慶大ラクロス部出身の前田アナと、日本人初のNBA選手となった田臥という体育会系カップル誕生だ。
 
前田アナに、理想の彼氏が現れた。日本バスケットボール史上、最大のスター。日本人初の米国NBAプレーヤーになった田臥だ。前田アナは、03年の入社直後から「やべっちFC」の司会を任され、サッカーリポーターとして認知度が高い。だが、熱狂的なバスケットボールファンでもある。「入社試験はテレ朝だけ。大好きな『スラムダンク』のアニメを放送していたから」と、志望理由を明かしたこともある。田臥は、スラムダンク人気全盛の96〜98年に、秋田・能代工高を史上初の全国大会9冠完全制覇へ導いたスーパー高校生で「スラムダンク」を地でいく男性だ。
 
出会いは今年8月。中沢の紹介だった。すでに都内でのデートや、先月の栃木県内でのリーグ戦に、前田アナが応援に訪れたところを、目撃されている。
 
前田アナは以前、スポーツ選手との恋愛ついて「料理ができなくて、健康管理をしてあげられない」と話していたが、同局関係者は「最近、恋人のために料理学校にも通いだしている」と明かす。現在は、宇都宮市内の田臥の自宅にも足を運んでいるという情報もある。
 
ただし、互いに充実した仕事ぶりで、今すぐの結婚はないようだ。レギュラー番組が多い前田アナには、テレ朝の期待も大きい。一方の田臥も、8月に国内の日本リーグ・リンク栃木に移籍したが「僕のNBAへのチャレンジは変わっていません」と、再渡米の夢を抱えているからだ。
 
この日の田臥は、宇都宮市内でのトヨタ自動車戦を84−81で勝利した。試合後の取材に「彼女は、同い年の友人で集まっている昭和55年会の友人の1人。お付き合いはしていませんよ」と話すにとどまった。始まったばかりの恋の行方が注目される。

(日刊スポーツより)

前田アナといえば、結構真面目そうなテレ朝の女性アナウンサーでもありますが、意外なカップル誕生ですね。

それにしてもバスケットボールの選手ならそれほど遊び人じゃないイメージもあって結構いいカップル誕生ではないでしょうか。長く続いて結婚へ、なんてのが一番いいストーリーですね。

日本人初のNBAプレイヤー「田臥勇太」モデル【20%OFF】ナイキ 5162エアズームブレイブ2 AIR ZO...
posted by スターウオッチャー at 18:44 | TrackBack(1) | 日本のスター

小室哲哉プロデューサー、詐欺で逮捕。あれだけ儲けていたのに...

人気グループ「globe」のメンバーで、かつて数々のヒット曲で日本の音楽シーンをリードした小室哲哉・音楽プロデューサー(49)が、兵庫県内の個人投資家(48)に音楽著作権の譲渡を持ちかけ、5億円をだまし取った疑いが強まり、大阪地検特捜部は3日、詐欺容疑で4日に逮捕する方針を固めた。この著作権売買をめぐっては民事訴訟になり、代金返還でいったん和解したが、返還期日までに一部しか支払われず、投資家が小室プロデューサーを地検に刑事告訴していた。

小室プロデューサーは近年、事業の失敗などで多額の借金を抱えていた。特捜部はほかに、小室プロデューサーが中心になって設立したイベント企画会社の役員2人も共犯として詐欺容疑で逮捕する方針。

関係者によると、小室プロデューサーは平成18年7月30日、イベント企画会社役員の仲介で東京都内のホテルで投資家と会い、楽曲806曲の著作権の譲渡を持ちかけた。8月7日、10億円での譲渡を内容とする著作権売買の仮契約を投資家と締結した。

小室プロデューサーは2日後、同じホテルで「元妻に離婚慰謝料7億円を請求され、著作権使用料が差し押さえられている。本契約を締結したいので、差し押さえの解除に必要な5億円を先に支払ってほしい」と投資家に申し向け、同月31日に自身が関係する口座に5億円を振り込ませた。

この806曲は大半が小室プロデューサーが作詞作曲したものだったが、これらの著作権の一部はすでに音楽会社「エイベックス・エンタテインメント」などにあり、小室プロデューサーに著作権譲渡の権限はなかったという。

投資家は契約を解除したが5億円が返還されなかったため、小室プロデューサーの事務所や親族の家などへ再三、催促の電話をかけ、小室プロデューサーがテレビ番組に出演するたびにテレビ局にも電話したという。

これに対し小室プロデューサーは昨年10月、投資家を相手取り、慰謝料など1億円や債務不存在の確認を求める訴訟を神戸地裁尼崎支部に起こした。一方、投資家も5億円の返還などを求める反訴を提起した。

訴訟は今年7月23日、著作権取得のための準備費用など投資家の逸失利益1億円を加え、小室プロデューサーが6億円を支払うことで和解が成立。しかし、期限の9月末までに一部しか支払われず、投資家は10月初め、小室プロデューサーを詐欺罪で大阪地検に告訴した。

小室プロデューサーの代理人は「告訴されたことは知らない。和解後に金が支払われたかどうかも分からない」と話している。

(産経新聞より)

あの小室哲哉が詐欺で逮捕?信じられないところがあります。あれだけお金を持っていて儲かっていたのに、どうなってしまうんでしょうね。

あの妻のKEIKOとは離婚確実と言うことです。前妻への慰謝料もすごいと思うけど、これで彼の人生終わってしまうんでしょうか。

小室哲哉、要らない欲出さないで、作曲、プロデューサー業に専念しておけばこんな事にならず、悠々自適の生活送れていたのに....。

★globeケイコ初のソロアルバム!!(CD)KCO/O-CRAZY LUV【通常盤:CDのみ】
posted by スターウオッチャー at 06:14 | 日本のスター

2008年10月31日

上戸彩と樋口可南子の親子コンビ、1200万円ティファニー携帯get

ソフトバンクの孫正義社長は30日、テレビCMに出演中の上戸彩さんと樋口可南子さんに、宝飾ブランドのティファニーとコラボレーションした携帯電話「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」(シャープ製)をプレゼントした。上戸さんは、つめかけた報道陣に「みなさんにもお見せしなくちゃ。いいでしょう?」と語りかけた。  
今年1月、同社が開いた春モデルの発表会でティファニーとの連携を発表した際、孫社長が上戸さんに「プレゼントする」と約束していた。しかし、夏モデルの発表時期になっても果たされず、「お母さん」の樋口さんから「私もほしい…」と言われていた。この日の冬モデル新製品発表会で、ようやく約束が果たされた。

ティファニー携帯をもらった上戸さんと樋口さんは、目が離せない様子で、「最初のメールは彩ちゃんに」(樋口さん)「私もお母さんに」(上戸さん)と、メールを送りあう約束をしていた。樋口さんは、CMの撮影後などに上戸さんにメールを送っているという。

「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」は10台限定で、537個計18カラットのダイヤモンドがちりばめられている。価格は約1200万円。「落ちませんか」と心配する2人に、孫社長は「一つずつツメで押さえている。ダイヤは硬いので、少々落としても投げても大丈夫」と答え、笑いを誘った。

(毎日新聞より)

1200万円の宝石付き携帯電話ですか。いや、ほしいけど、おそらくもらったらすぐ売りに行くでしょうね。

そもそも1200万円の携帯電話なんてこわくて持ち歩けません。それにしても上戸彩と樋口可南子、女性プラス芸能人の役得で1200万円携帯電話、ただでgetはうらやましいね。

【予約】豪華絢爛 24k 純金携帯ストラップ(恵比須)
posted by スターウオッチャー at 23:12 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。