2008年06月22日

美空ひばりの曲がオンラインでダウンロードされている。若い人にも人気

平成元年6月24日に52歳で亡くなった国民的歌手、美空ひばりさん。来年で20周忌を迎えるにあたり、先ごろ、アップル社が手がけるオンライン・ミュージックのサービス「アイチューンズ」でひばりさんの楽曲が初めて販売され、若い世代を中心に人気を集めている。発売元では「ひばりさんの歌の上手さが世代を超えて支持されている」としている。

ひばりさんの音源はコロムビアミュージックエンタテインメントが、ネットで楽曲を購入するオンライン・ミュージックのサービスを全世界で展開するアイチューンズを介して実施している。

誕生日である5月29日に日本を含む全世界22カ国で全約1500曲の音源から「お祭りマンボ」や「みだれ髪」といった代表作71曲を集めた限定パッケージや、既にCDとして発売済みの「美空ひばりゴールデンベスト」など計8タイトルを発売した。

アイチューンズの歌謡曲の最新チャートを見ると、アルバム部門では「美空ひばりゴールデンベスト」が2位。シングル部門では「川の流れのように」が7位、「愛燦燦」が10位で、トップ10に2曲がランクインしている。

ダウンロード数は明らかになっていないが、人気曲のトップ5は「川の流れのように」「愛燦燦(さんさん)」「みだれ髪」「お祭りマンボ」「真赤な太陽」−の順という。

担当する同社のコロムビアレコード制作部ディレクター、衛藤邦夫さん(41)は「アイチューンズの利用者の中心は若者層。一方、ひばりさんのファンの多くはネットに親しんでいない高齢層なので心配したが、予想以上の反応」と喜ぶとともに「何と言っても歌唱力が尋常(じんじょう)ではなく、世代を超えて訴えかけてくるものがあるのが人気の秘密では」と分析している。

(産経新聞より)

美空ひばりさんの曲が若い者の間にも売れているということです。

「川の流れのように」も「愛燦燦」も美空ひばりの歌の中でもバラード系の歌が売れているようで、やはり若い人と行ってもバリバリの演歌は売れないようですね。「川の流れのように」も「愛燦燦」もひばりさんお歌の中では印象に残る曲だもんね。

【送料無料選択可!】美空ひばり全曲集 歌は我が命 / 美空ひばり
posted by スターウオッチャー at 10:10 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年06月21日

「焼肉小倉優子」ボヤ騒ぎ。大事に至らずによかったですね

タレント小倉優子(24)がオーナーを務める兵庫県西宮市のチェーン店「焼肉小倉優子 R176号西宮北店」でボヤ騒ぎがあったことが20日、分かった。
 
西宮市北消防署山口分署によると、ボヤ騒ぎは15日午前5時20分ごろ。同店の前を通りかかった近所の男性から「店内で警報が鳴っている」と119番通報があった。消防車1台と隊員4人が現場に急行。店内で警報が鳴っていたが、煙や火の気が確認できなかったため、同店関係者の到着を待って店内に入った。
 
点検の結果、事務所兼従業員控室のコンクリートの床に合成樹脂製のゴミ箱(縦20センチ、横30センチ、高さ45センチ)が燃えた跡があった。室内には木製のイスなどがあったが、ゴミ箱は離れた位置にあったため、延焼はなかったという。
 
15日は午前4時まで営業。同店のマネジャーが午前4時半ごろ、店を出る際、控室を点検したが火の気はなかったという。控室は喫煙ができ、灰皿があった。営業終了後、従業員が灰皿の吸い殻を清掃のため、ゴミ箱に捨てていたことが分かっており、中の紙などに引火した可能性が高い。
 
同店は「焼肉小倉優子」のチェーン3号店として5月12日オープン。6月7日には小倉が来店し、従業員を激励していた。マネジャーは「小倉優子さんの店として注目が高い中、食を含めて安全第一を従業員に徹底しているつもりだったが、油断があった」と猛省。ボヤ騒ぎ当日に頭を丸刈りにした。ボヤ騒ぎ後は、従業員の店内での喫煙を禁止し、あらためて安全管理を徹底している。

(日刊スポーツより)

お笑いの田村けんじの焼き肉屋とともに芸能人の経営する焼き肉やとして有名な「焼肉小倉優子」、3号店でボヤ騒ぎということです。

しかし、マネージャーが頭丸めても仕方ないと思うのですが...。たぶんこの店ってお金出しているのは小倉優子じゃないんでしょうね。

小倉優子/INFINITY(DVD) ◆20%OFF!
posted by スターウオッチャー at 20:26 | TrackBack(1) | 日本のスター

神戸みゆきさん、急死。若いのに心不全?どんな顔写真?

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」の3代目セーラームーンとして活躍し、映画「バトル・ロワイアルII」などにも出演した女優、神戸みゆきさんが18日午前4時8分、心不全のため川崎市内の病院で急死していたことが20日、分かった。24歳だった。昨年2月、舞台「レ・ミゼラブル」を体調不良で降板してから入退院を繰り返していた神戸さん。女優のみならず、ファッション関係の仕事を夢見て回復を信じていたが、それもかなわなかった。

バラエティーから舞台、映画と幅広く活躍していたアイドルが24歳の若さでこの世を去った。

所属事務所「ルージュ」の本田正樹社長(45)は、サンケイスポーツの取材に「親族に見守られて亡くなりました。(遺体は)安らかな表情でした」と事実を認め、「繊細な子で自分をギリギリまで追い込んで、持っている力以上のものを演技に出せる子だった…」と突然の訃報に肩を落とした。

神戸さんは昨年2月、同6月公演の舞台「レ・ミゼラブル」を体調不良を理由に降板。川崎市内の病院に検査入院して以降、入退院を繰り返していた。ただ、今月9日に東京・渋谷区の事務所で社長と会った時には元気な姿を見せていた。

以前から古着をアレンジして洋服を作るなどファッションへの関心が高く、9日も「自分のやりたいことは演技だけじゃなく、ファッションを写真で表現するような仕事もしてみたい」と意欲を燃やしていたという。だが、今週に入って体調が急変し緊急入院。親族が見守る中、静かに息を引き取った。

神戸さんは平成12年上演のミュージカル「美少女戦士セーラームーン」のオーディションで約500人の中から主役の月野うさぎ役に選ばれ、芸能界入り。一躍人気となった。その後も映画「バトル・ロワイアルII」、ドラマ「仮面ライダー響鬼」など話題作に出演。体を張った演技は定評があり、「レ・ミゼラブル」降板後も製作の東宝から「体調が良くなったら来てほしい」とオファーを受けていたという。

また、ある関係者によると、神戸さんは人を喜ばしたり驚かせるのが好きで、エープリルフールには「事務所辞めた」などとビックリメールを送ってきたことも。明るいキャラクターで誰からも親しまれる存在だった。

葬儀は21日、川崎市内の斎場で近親者のみで執り行われる。

(サンケイスポーツより)

神戸みゆきさんって、どんな顔していたのか、みてみるとまだまだ当然ながら24歳で若くて美しい方なのですが、一体全体、何が...?

しかし、この神戸みゆきさんの死因が心不全だったと言うことで、いったいなんの病気だったんでしょうか。ご冥福をお祈りします。

神戸みゆき/Moon letter (DVD) ◆20%OFF!
posted by スターウオッチャー at 17:50 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。