2008年05月18日

松嶋初音、もやもや病?

アイドルの松嶋初音(20)が脳の血行障害で精密検査を受けていたことが17日、分かった。自身のブログで15日にMRI(磁気共鳴画像装置)検査を受け、20日に診断結果が出ることを明かしている。

ブログによると、2週間前から脳の血液不足から起きるモヤモヤ病のような症状を訴え、13日未明に視界が真っ白になるほどの頭痛を訴えて救急車で病院に運ばれたという。その時のことを「本当に死ぬんじゃないかと思った」と綴ったほど。

当日は点滴を打って帰宅したが、15日朝には自宅の風呂場で倒れて20分間も失神した。ただ、この日もドラマ収録に参加しており、「場所が場所だけに心配かけていますが、元気は元気ですよ!」と綴っている。

所属事務所では「医者の所見で脳の血管に収縮が見られるということでした。通院していますが、仕事は休まずにやっています」と説明。松嶋はグラビアのほか、ドラマやバラエティー番組に出演。平成18年から19年にかけて、サンケイスポーツ芸能面でコラムを連載していた。

(サンケイスポーツより)

アイドル・松嶋初音、もやもや病みたいな症状?

ちなみにモヤモヤ病とはもやもや病とは一風変わった名前ですが、国際的にもモヤモヤという日本語がそのまま通用する数少ない病気の一つです。

この病気の患者さんの脳血管をエックス線で撮影すると、普通写ってくるはずの太い栄養動脈が細くなってふさがってしまい、かわりにものすごくたくさんの細い動脈が網目状に発達しているのが見えます。その様子が、タバコの煙のようにモヤモヤして見えるので、この名前がつきました(兵庫県保険医協会のホームページより抜粋)

とにかくなんだかやっかいな病気のようですが、養生しながらがんばって欲しいですね。

松嶋初音/初音色(DVD) ◆20%OFF!
posted by スターウオッチャー at 11:49 | TrackBack(2) | 日本のスター

2008年05月16日

押尾学、日本のエディソン・チャン、世界進出のためエイベックスと契約。どうでもいいわね

俳優としても活躍する歌手押尾学(30)が大手芸能プロダクションのエイベックス・エンタテインメントと専属契約したことが15日、分かった。海外進出を視野に大手事務所のバックアップを必要とする押尾と、映像・芸能部門強化に本腰を入れているエイベックスの思惑が一致した。押尾は「思う存分に自分の可能性にチャレンジしたい」と、新境地での飛躍を誓っている。

エイベックスによると、契約交渉は今年2月ごろから進めてきた。ここ数年、映像・芸能部門の強化に力を入れてきた同社は、05年に映像事業本部を設置。翌年からは映画の企画製作にも乗り出し、大作映画「蒼き狼」へも出資した。小雪、中村獅童、高岡早紀、大竹しのぶら実力のある個性派俳優らと次々に契約を交わし、人的なソフト強化も図ってきた。押尾は「国内だけでなく、海外にも目を向けて取り組んでいきたい。この素晴らしい環境で、思う存分に自分の可能性にチャレンジしていきたい」。05年末に「音楽活動に専念するため」として、当時の所属事務所から独立。この2年半は個人事務所の限界を痛感していた押尾。新天地ではハリウッド進出も視野に入れている。

(日刊スポーツより)

押尾学か。まあ、名前聞くだけでもああ、あの生意気芸能人、としか思えないような非常に悪印象の俳優ですね。

あの香港のトンデモ俳優、エディソン・チャンの日本版とも言うべき押尾学。正直な話、エイベックスもよくこんな芸能人と契約結んだなあ、と思います。

芸能人は常識のない人間がたくさんいますが、押尾学もそんな一人。芸能事務所ももう少しよく考えて契約結ばないとね。何か起こしてからじゃ遅いと思うのですが...。

【☆大特価☆】驚きの80%OFFセール中!お洒落さんならこのレトロサングラスを見逃しちゃダメよ...
posted by スターウオッチャー at 22:30 | 日本のスター

小西真奈美の「Sunny Day」が台湾のヒットチャート1位。言っちゃ悪いがそんなにうまかったか?

女優の小西真奈美さん(29)のデビューシングル「Sunny Day」が「Yahoo!台湾」の「日韓CDランキング」で、10日の初登場から14日までの5日間で3度のデーリー1位を獲得したことが分かった。

小西さんは、金城武さんが死神役で主演した映画「Sweet Rain 死神の精度」で演じた「藤木一恵」の名で3月に歌手デビュー。主題歌となった「Sunny Day」は、発売初週で1万枚を売り上げ、3月31日付のオリコン週間ランキングで初登場10位に入った。

台湾でのデーリー1位は、宇多田ヒカルさんの「HEART STATION」や、柴咲コウさんの「かたち あるもの」(台湾タイトルは「存在」)などを押さえての記録。台湾での映画公開(5月上旬公開)が、3日連続デーリー1位につながった。

楽曲は300を超える候補楽曲の中から小西さん自身が選曲。小西さんの切ないボーカルが、ピアノの旋律と重なり、独特の世界観を生み出している。

(毎日新聞より)

小西真奈美、かわいらしい女優さんですが、言っては悪いのですが、そんなに歌がうまかったかな?小西真奈美の歌唱力がそんなにあったのか、不明です。

しかし、小西真奈美29歳にしてデビューアルバム、ううん。台湾でもあの小さな瞳はもてるのかな。しかし、世の中分からないもんですね。

27

posted by スターウオッチャー at 20:38 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。