2008年04月18日

藤原紀香、ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」に初挑戦

藤原紀香(36)がミュージカルに初挑戦する。宮本亜門(50)演出で来年1月に上演される「ドロウジー・シャペロン」(東京・日生劇場)。人気絶頂の中、結婚・引退を宣言して大騒動を巻き起こすブロードウェースターを演じる。ボーカルとダンスの“自主トレ”を開始。「36歳でのチャレンジ。進化した姿をお見せします!」と張り切っている。

突然の結婚発表で周囲を大混乱させる役は、陣内智則(34)との結婚で日本中を騒がせた紀香にぴったりのミュージカルデビューだ。

2月から都内でダンス練習を週2回1時間ずつ、ボーカルレッスンを週1回2時間ずつ行っており、レオタード姿で歌い上げる声量はなかなかの迫力。「実は体が硬くて一番つらいのは柔軟体操。相撲部屋に入った方がいいんじゃないのと言われるくらいひどかったけど、今では立位体前屈がマイナス20センチからマイナス5センチになった」とうれしそうに話している。

全体練習が始まる秋までには「股割りしても余裕でペシャンコになるくらい体を柔らかくしたい。みんなの足を引っ張らないよう鍛えておかないとね」とやる気満々だ。

きっかけは数年前から親交がある亜門からの誘い。この作品にほれ込んで演出を手掛けることになった際、「ヒロインが紀香ちゃんの雰囲気に似ている」と声を掛けられ、一緒に米ニューヨークで観劇。ゴージャスで可愛らしい雰囲気と1時間40分ノンストップのスピーディーな展開に一目ぼれした。

劇中では、結婚宣言によって芸能記者たちに囲まれ、もう目立つのイヤよ…と歌いながらも思わずポーズをとってしまう場面も。役について「凄く可愛い女性だと思います」と、同じトップスターとして行動心理が理解できる様子。「女優として自分が成長できると確信できる作品。見た人にも凄く幸せな気持ちをお持ち帰りしてもらえるよう頑張ります!」と力を込めた。

(スポーツニッポンより)

藤原紀香がミュージカルに初共演ですか。いまさら売れている藤原紀香がミュージカル女優をやる必要がないと思うのですが、どうやら芸術性に芽生えてしまったみたいですね。

藤原紀香といえば、先日もカンボジアに学校を建てたりボランティア精神も発揮しているわけですが、本業の芸能活動にも新たな新境地を見いだしたようで、今後のご活躍が期待されるところですね。

【送料無料選択可!】だめんず・うぉ〜か〜 DVD-BOX / TVドラマ
posted by スターウオッチャー at 13:23 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年04月17日

中山美穂、復帰は旦那さんの原作映画

やっぱり――。芸能活動を再開するとウワサされていた中山美穂(38)が主演映画で本格復帰することが分かった。美穂が映画に出演するのは1997年の「東京日和」以来となる。
 
美穂が主演するとみられているのは夫・辻仁成氏の小説「サヨナライツカ」が原作の恋愛映画だ。彼女が演じるのは、婚約者がいる旅行代理店勤務の男と恋に落ちる女性。一度は悲恋に終わるものの、2人は25年後にバンコクで再会。再び引かれ合うようになるというラブストーリーだ。
 
製作はフジテレビ。すでにバンコクでクランクインしており、来年公開の予定だという。
「『サヨナライツカ』は02年に行定勲監督がメガホンを取って、映画化される予定でした。具体的な公開予定日や、配給会社も決まっていたのですが、撮影開始直前に延期が発表されました。一部で辻氏と行定監督の確執が報じられ、そのまま事実上の製作中止状態になっていましたが……。辻氏は美穂の復帰に合わせて、映画の構想を一から練り直したそうです」(関係者)
 
これで美穂が最近、活発に動き始めたことともツジツマが合う。昨年7月、パリで行われた映画の試写会に出席。5年ぶりに報道陣の前に姿を見せたかと思ったら、続く9月にも5年ぶりの夫婦ツーショット写真を女性誌で披露した。

CMにも積極的だ。昨年は味の素の健康塩「やさしお」、日本コカ・コーラ「ジョージア ヴィンテージレーベル」に出演。今年に入って、ドクターデヴィアス化粧品とも新たに契約した。
「美穂の本格復帰は所属プロが猛プッシュしているといい、映画は活動再開の序章でしょう。今後、ドラマにも出演する可能性がありそうです」(マスコミ関係者)

やっと美穂が帰ってくる。

(日刊ゲンダイより)

中山美穂ですか。しばらくはコマーシャル以外見ていませんが。おそらく芸能通の人でももう忘れられた存在。どちらかというとそんなに見たいとは思わないのですが、どうなんでしょうね。

いつか、一緒にパリに行こう
posted by スターウオッチャー at 17:14 | TrackBack(0) | 日本のスター

舞台版「ドラえもん」のしずかちゃん役にすほうれいこ。ちょっとイメージ違うかも

人気アニメ『ドラえもん』の劇場版『ドラえもん のび太とアニマル惑星』(1990年公開) が劇作家・鴻上尚史の演出によって舞台化され、7月から全国各地を巡業することが決定した。キャラクターが“着ぐるみ”として登場するショーステージは過去に公演されたことがあるが、ドラえもん以外の登場人物を生身の俳優が演じる舞台は今回が初となる。しずかちゃん役を務める女優・すほうれいこは自身のブログに「ファンの期待を裏切らないよう演じたい」と意気込みを綴っている。

すほうは「ドラえもんオタクな鴻上さんが演出なので、絶対面白い芝居になるんだろ〜なぁって今から楽しみにしてます」と早くもやる気をみなぎらせている。

そのほかのキャストは、ドラえもんの声には現在放送中のアニメ版と同じく水田わさび、のび太役はドラマ『ライアーゲーム』(フジテレビ系)などに出演し、メガネが印象的な坂本真、ジャイアン役にはドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の脇知弘、スネ夫役には小林顕作が決定。

すほうは「こんなにいろいろな所を回るのは初の経験だからワクワクだけど、長丁場な分、体調管理もしっかりしなきゃだし、今からダンスレッスンしたり体力作りしてます(中略)ドラえもんファンの期待を裏切らない、私なりのしずかちゃんが素敵に演じられたらと思ってます」と日本国民の“マドンナ”であるしずかちゃん役に気合十分だ。

舞台『ドラえもん のび太とアニマル惑星』は7月の沖縄公演から始まり、熊本、北九州、富山など全国各地で行われ、東京公演は9月に行われる。

(オリコンより)

舞台版の「ドラえもん」のしずかちゃん役に女優・すほうれいこが出演ということです。

髪が長くて、清楚な感じのおじょうちゃん、しずかちゃんで髪が長位ところはいいのですが、茶髪のすほうれいこはちょっと。もちろん黒く染めてしずかちゃんのような髪型にするんでしょうが、どんな舞台になるんでしょうか。

アニメの世界が舞台に、実際作るとなると苦労するんでしょうね。

カバーガールズ すほうれいこ(DVD) ◆20%OFF!


posted by スターウオッチャー at 07:57 | TrackBack(3) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。