2008年04月09日

藤原紀香、カンボジアに学校を建てた。男前な女優さん

藤原紀香がカンボジアに第一号の学校を建てた。

カンボジアに学校を建てる活動をしている女優・藤原紀香(36)の第1号小学校「メーサン小学校」が3月25日に落成し、7日、藤原が東京・赤坂で報告会見を行った。3月24日から2泊3日で落成式のため同地を訪れた藤原は、式典に参加したほか孤児院やゴミ山で暮らす子供たちのもとを訪れたといい「少しでも現実を皆さんに伝えたい」と熱く訴えていた。

紀香の4年越しの夢が実現した。きっかけは2004年にプライベートで現地を訪れたこと。子供たちの生活ぶりを見聞きし「学校を建てたい」と決意。2006年に「藤原紀香 カンボジア子供教育基金」を設立し、写真展の活動や著書の印税計600万円を建設費に充てた。
 
カンボジアの首都・プノンペンから車で3、4時間かかるプレイヴェン県にある町。廃校寸前のメーサン小学校を建て直し、コンクリート校舎は「紀香学校」と名付けられた。さらに井戸やトイレも建設、ノートを配り、楽器を購入するなど子供たちが勉強する環境をすべて整えた。
 
日本語で「ふるさと」を歌うなど子供たちの熱烈な歓迎を受けた紀香は「人間って、勉強する場所と愛情ですごく変わるんだって思ったの!『明日から学校に行けるんだ』って言う子供たちの声を忘れない。『ふるさと』を歌ってくれた顔を忘れない」と大感激すると、「子供たちには夢をかなえてほしい。夢に近づいてほしいですね」と瞳を潤ませた。
 落成式以外にも、孤児院なども訪れ劣悪な環境の下でもたくましく生きる子供たちに接した紀香は「本を送りたい」「孤児院を建てたい」「この旅の写真展をやりたい」などと新しい夢も芽生えたよう。
 
「私だけで建てたんじゃない。写真展を見にきてくれたみなさんと『紀香魂』を買ってくれた印税。みんなで建てたんだよって伝えたい。チャリティーに参加すると、子供たちが学校に行けるようになったりするんだよって伝えたい」とファンにも感謝を伝えていた。

(デイリースポーツより)

自分の印税や、活動から得たお金でカンボジアに学校を建てた。藤原紀香って女として生き方が格好いい。

藤原紀香の旦那・陣内智則も立派な女性をもらって誇りでしょうね。こういう藤原紀香のような女性のことを男前な女性と呼ぶんでしょうね。

紀香魂

posted by スターウオッチャー at 06:19 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年04月07日

久本雅美の人気が急落。創価学会員が不人気の一つかも

久本雅美(49)はこの結果に肩をガックリと落としているのではないか。
 
先日、ビデオリサーチが年2回実施している「テレビタレントイメージ調査」が発表され、久本は“女性タレント人気度ベスト20”の圏外に去ったのだ。
 
03年2月度の同調査で2位をマークして以降、久本は長らく10位以内をキープしてきた。が、前回の07年8月度調査で12位にまでダウン。今回でランクから陥落してしまった。
 
久本は「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日)などレギュラー6本を抱えている“売れっ子”。ショックではないだろうか。

「ついに、来るべき時が来たということでしょう」というのは、芸能評論家の肥留間正明氏。

「久本の人気が落ち始めているという調査結果が出たのは、テレビに出すぎて飽きられたのが理由だと思います。特に最近は若手の女性芸人が続々と登場していて、“別に久本じゃなくても……”という視聴者が多いのではないでしょうか。また、彼女が熱心な創価学会の信者だとアチコチのメディアで報じられているのもマイナスです。宗教に関心のない人が、アレルギーを感じて、敬遠し始めているとも考えられます」
 
さて、気になるのは久本の今後。かつて、山田邦子がNHK好感度調査で8年連続1位を記録したのはよく知られているが、トップから転落してからは人気凋落に歯止めがかからず、そのままフェードアウトしていった。

「テレビ局は、落ち目の“大物”はギャラの面などがネックになって、扱いづらいもの。久本も山田のパターンをたどる可能性はあり得る」(肥留間正明氏=前出)
踏みとどまって欲しいが。

(ゲンダイネットより)

久本雅美の人気は落ちているですか。わたしもよくテレビ出ているなあと思いましたが、いろんな週刊誌によると創価学会の広告塔ということで、なんだかそれを聞くに付け新興宗教嫌いの私もげっそりしたものです。

テレビを創価学会員の集客に使うのもはてなですね。

日本の10大新宗教


posted by スターウオッチャー at 11:50 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年04月06日

加護亜依、芸能界復帰。今更モーニング娘のブランドは通用しないような

加護亜依、芸能活動を再開するの?

約2年の休止期間を経て、あの“加護ちゃん”が本格的に芸能活動を再開することが6日(日)までに分かった。

2度にわたる成人前の喫煙行為の発覚などにより昨年3月26日に所属事務所を解雇された元モーニング娘。の加護亜依が、このほど携帯サイト『梨元! 芸能裏チャンネル』のインタビューに応じ、過去の騒動を「当時は社会人としての自覚がすごく足りなかった。ファンの皆さん、スタッフさん、事務所の方々、お母さん、たくさん迷惑をかけてしまいました。申し訳ございません」と謝罪。そして「これから新たにちゃんと自分に責任を持って生きたいと思います。応援してもらえたらうれしいです」と、今後の芸能活動について前向きにそして真摯に取り組む姿勢をみせている。

加護は2006年2月に写真週刊誌に喫煙写真が掲載され謹慎処分となり、07年1月末から当時の所属事務所の仕事を手伝いながら復帰を目指していたが、その約2ヵ月後に再び年上男性との温泉旅行と喫煙場面が報じられた。その時の模様を「私の父親と母親が、その日に離婚してしまった」ことから、精神的にまいっていたところを年上男性に誘われ自分の希望でもあった草津へ旅行に出かけ、さらに無知などから「タバコに走ってしまった」と告白した。

当時の所属事務所は復帰を目指している途中での喫煙発覚ということで「二度目ということもあり、復帰については断念することにしました」と契約解除を発表していた。

(オリコンより)

加護亜依、芸能活動再開なんでしょうかね。まあ、元モーニング娘ということはあるものの、モーニング娘のブランド自体が急降下しているのと、加護亜依自身が、タバコを刷っていたというイメージで、もうアイドルという言葉は通じないような気がします。

今更という感じしかしないのですが、どうでしょうね。

【Aポイント+メール便送料無料】W / デュオ U&U (CD)

posted by スターウオッチャー at 22:01 | TrackBack(1) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。