2008年04月06日

還暦シンガー、小田和正、ツアースタート

シンガー・ソングライター、小田和正(60)が5日、静岡県袋井市の静岡エコパアリーナで3年ぶりの全国ツアーをスタートさせた。「さよなら」「ラブ・ストーリーは突然に」などベスト盤的構成で2時間半、27曲を熱唱。フジテレビ系「めざましテレビ」のテーマソング「今日もどこかで」も初披露した。

とても還暦とは思えないエネルギッシュなステージだった。会場はセンターステージと7つのサブステージが客席の中を縫って設置され、それぞれのステージを結ぶ花道がW型に伸びる。

小田は2曲目の「正義は勝つ」でギターをスタッフに手渡すと、突然花道を軽やかに駆けだし、ファンとハイタッチでふれあいながら熱唱。「愛を止めないで」の間奏では、花道の端から端まで64メートルを一気に駆け抜け、7500人を沸かせた。

「リハーサルよりも多く走ったので、結構つらかった。でも、いけるだけいきます」と全力宣言し、アンコールで当初の予定より3曲も追加した。普段から週に2〜3回ジムで体を鍛え、体力には自信がある。ただ、今年に入ってからはジム通いを控え、その時間をリハーサルに割き、このツアーにかけてきた。

「いつまで歌えるのか考えたこともありました。こんな風にみんなと楽しく走れるなんて想像もしませんでした。次の目標があるとすれば、このツアーが第一歩です」

ツアーは半年かけて29会場52公演を行い、32万人を動員。完走すれば、還暦超え日本人アーティストでは最多動員記録になる。シングルとアルバムのオリコン1位最年長記録保持者が、新たな勲章に向かって出発した。

(サンケイスポーツより)

還暦シンガー、元オフコースの小田和正、いよいよツアースタートです。

しかし、体力がいるコンサートツアーですね。29会場52公演、一気に駆け抜けてもらいたいですね。

オムニバス/ラブ・ストーリー〜小田和正ソングブック

posted by スターウオッチャー at 11:56 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年04月04日

X JAPAN、マジソンスクエアガーデンでコンサート。観客って日本人ばかりじゃ

再結成した「X JAPAN」が3日都内で会見し、米国公演を行うことを発表した。9月13日にニューヨークのマディソンスクエアガーデン(MSG)で開催。日本人による同所での単独公演は初めて。ボクシングの試合などが行われるスポーツアリーナに観客約2万人を動員する予定だ。

再結成を発表して以降、熱心なオファーを受け続けていたが、東京ドームでの復活コンサート(3月28〜30日)に手応えを感じて開催を決めた。YOSHIKI(年齢非公表)は「MSGには(米ロックバンドの)キッスが復活した時に行った。いつかこんな所でできたらいいなと思っていた」。すでに7月5日にはパリ公演が決定。欧米やアジア各国からもオファーが相次いでおり、YOSHIKIは「ワールドツアーに発展する可能性もありそう」とも。

復活公演では98年に亡くなったギタリストhideさん(享年33)が映像で参加。米国、パリ公演でも同じ演出を考えているといい、公演用の機材はジャンボジェット機5台で運ぶという。新ギタリストを加える構想もあり、YOSHIKIは「hideはずっと一緒。6人目のメンバーを入れる可能性はある」と話した。

(スポーツニッポンより)

新しいメンバーを入れてX JAPANが世界ツアーにという噂です。アメリカ、マジソンスクエアガーデンでX JAPANがコンサートを開くということですが、それって日本人の観客がこぞってMSGへいって見るじゃないですか。

日本語の歌詞でうたっても受けないと思うのですが、その辺はやはり英語でロック?なんでしょうかね。

ガガガSP/オラぁいちぬけたツアー2003ドキュメント〜主に西日本編(DVD) ◆20%OFF!

posted by スターウオッチャー at 07:55 | TrackBack(0) | 日本のスター

2008年04月03日

細木数子、面接されたくない有名人ナンバー1に。でも、細木数子に面接で通れば日とかどの人になれそう...

人材派遣、転職支援などを展開する「ニスコム」が今春行った「面接されたい!面接されたくない!有名人」アンケート調査で、面接されたい有名人のトップにタレントの所ジョージさん(52)が選ばれた。「リラックスできそう。楽しそう」などが理由で、526票を集めた。逆に面接されたくない有名人1位は「六星占術」占いで知られる細木数子さん(69)で、1591票と得票数はダントツ。「厳しい、怖そう」「説教されそう」などのイメージが強く、テレビで怒鳴っている姿を見て恐れる人が多かったようだ。

アンケートは、就職活動の際に重要なポイントとなる「面接」に対してネガティブな印象を持つ人が多いことに着目し、どんな面接官なら緊張せずに思いを伝えられるかを調査。はがきや新聞・雑誌、ニスコム社の公式サイトを通じて公募した。就職活動を控えた10代の若者から、面接担当者になる可能性のある50代まで幅広い層から回答が集まり、計9048通の応募があった。

「面接されたい」部門2位は明石家さんまさん(52)。3位は野球五輪代表監督の星野仙一さん(60)だった。トップ3はいずれも「一緒にお酒を飲みたいランキング」「上司にしたいランキング」など、別のランキング調査でも上位の3人だった。ただ、さんまさんだけは「面接されたくない」部門でも「うるさそう」とけむたがられ、4位にランクインした。

ユニークだったのは、缶コーヒーのCMイメージから「純金の名刺を持っていそう」と思われている俳優の渡哲也さん(8位)。トップ10圏外だったが、「顔を正面で見たい」という動機から、ニュースキャスターの滝川クリステルさんを選んだ意見もあった。

(毎日新聞より)

細木数子が面接されたくない有名人のトップに輝いたそうです。確かに細木数子に面接されたら怖くて、厳しそうな面接になりそうですが、逆に細木数子のお眼鏡にかなった人物なら、ひとかどの人になれそうな。

面接されたい有名人のトップにタレントの所ジョージに面接されたら逆に誰でも採用しそうで、なんだかフリーパスのような気がしてならないのです。

この少子化の時代、より厳選された目を持つのは細木数子のような鋭い人のような気がしますね。

■10%OFF■通常盤■料理 DVD【細木数子の幸せのレシピ Vol.1】07/10/17発売
posted by スターウオッチャー at 08:38 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。