2008年03月26日

映画「ゲゲゲの鬼太郎」でしょこたんこと中川翔子が妖怪役で出演。ナマ足姿の写真は意外と太め

7月12日に公開される映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』にブログ界の女王、しょこたんこと中川翔子が妖怪役で出演することがわかった。しょこたんは妖怪のことならすべて調べられるという「妖怪図書館」の司書妖怪、文車妖妃(ふぐるまようび)を演じる。 (この映画の画像はこちら)

博学の目玉おやじに勝るとも劣らない知識と、独特のビジュアルを持つ才色兼備なキャラクターで、謎の失踪(しっそう)事件を解決するために妖怪図書館を訪れた鬼太郎たちを、豊富な知識で助ける妖怪という役柄。インターネットのような役割を果たす図書館だけに、ブログアクセス数が約10億アクセスを突破しているしょこたん以外には考えられないキャスティングだろう。

文車妖妃(ふぐるまようび)を演じるしょこたんは、テレビアニメ「墓場鬼太郎」でエンディングテーマを担当し、さらには寝子役の声優として出演を果たすなど、実は鬼太郎とは縁が深い。鬼太郎ファンを公言しているしょこたんは「リアルに再現された鬼太郎の家を生で見れた上に、その中で演じることができて感動! 手の平に乗っている目玉おやじがギザカワユスでした!」としょこたんらしい喜びのコメントを寄せた。また、「図書館にいるノートパソコンを持った妖怪と聞き、本やパソコン好きなわたしなら、すぐに成り切れると思いました。文車妖妃(ふぐまるようび)のイメージを壊さず楽しく演じたい」と意気込みを語ってくれた。

『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は、丑三(うしみつ)時に「かごめ歌」を聞いた若い女性が失踪(しっそう)するという事件が多発する町を舞台に、鬼太郎たちと千年のときを経てよみがえった悪霊たちの戦いを描く、実写映画化第2弾。

映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は7月12日より全国公開
オフィシャルサイト  http://www.gegege.jp/

(シネマトゥデイより)

しょこたんこと中川翔子が妖怪役で出演する「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」。中川翔子の写真画像のナマ足姿を見てみましたが、しょこたんおナマ足、意外と太め。

中川翔子さん、足は隠した方がいいかも知れません。人それぞれで見方も違うと思いますが。

中川翔子/snow tears(DVD付)



posted by スターウオッチャー at 18:10 | TrackBack(0) | 日本のスター

後藤真希、ゴマキがブログ再開。タバコを吹かす後藤真希の画像は見たくないけど

後藤真希、ゴマキがブログを再開し、芸能活動を再開の決意?

芸能活動再開が待たれている元・モーニング娘。の後藤真希が、自身のブログを25日付けで、「色々と悩みましたが、新たな一歩を踏み出す決意をしました」と綴っている。

弟の後藤祐樹被告が窃盗容疑で逮捕されたことをきっかけに、アイドルグループ「ハロー!プロジェクト」を脱退した後藤真希。このまま引退か、それとも芸能活動の再開はあるのか? と、その後の動向が注目されていた中、25日付の自身のブログで「お久しぶりです」と書き込んだ。

続いて「私の件、また弟の件で、ご心配、ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした」とし、いろいろと悩んだ末に、「新たな一歩を踏み出す決意」をした胸中を明かし、「またみんなの前に笑顔で立てるように…。後藤真希らしさを忘れずにひたむきに頑張っていきます。もしよかったら…温かい目で見守ってください」と結んだ。

なお、この書き込みの後にも1本投稿されており、こちらでは彼女の持ち前の明るさを取り戻し、絵文字を多用しながら現在はロサンゼルスにいることを写真付きで報告。「花粉無くて 本当にgood!!!」とのことだ。

(オリコンより)

後藤真希、ゴマキがブログを再開して新たな決意で、芸能活動を前向きに考えていることを表明しました。

ところで、ゴマキというと先日、パチンコ屋でタバコを吸いながらパチンコを打っている姿が写真雑誌に載っていましたが、あれではアイドル失格だなと感じましたが、復活してどんな仕事をしていくんでしょうね。

タバコを吹かすアイドルなんて見たくないですけどね。

後藤真希/サン・トワ・マミー/君といつまでも

posted by スターウオッチャー at 10:16 | TrackBack(0) | 日本のスター

安室奈美恵、シングルチャートオリコン1位獲得、なんと9年3ヶ月ぶり

歌手・安室奈美恵(30)のニューシングル「60s70s80s」が3月31日付オリコンチャートで1位を獲得することが24日、分かった。安室にとっては「I HAVE NEVER SEEN」以来、実に9年3カ月ぶりの1位。シングルの1位獲得は10作目。同時に女性アーティスト部門で14年連続シングルトップ10入りという記録も更新し、実力者ぶりを見せつける形となった。

発売2週目での1位獲得となった。3月24日付のシングルチャートでは関ジャニ(エイト)の「ワッハッハー」に及ばずの2位発進だったが、2週目で順位がアップするのは根強い人気の証しとも言える。

「60s-」のランクインで、女性アーティスト部門で14年連続シングルトップ10入りとなり、自身の持つ歴代1位の記録を更新した(2位は、小泉今日子、工藤静香の12年連続)。9年余り、1位とならなかったのがむしろ意外なほどだ。

90年代に小室プロデュースで大ブレークした安室。初めて1位を獲得したのは95年に発売した「Chase the Chance」だった。その後も着実に積み重ね、「60s-」でシングルの1位獲得は10作目となった。ブレーク当初は「アムラー」に代表されるようにアイドル的な人気ばかり注目されていたが、大人になるにつれて高い音楽性も評価されるようになった。

「60s70s80s」は安室とヘアケアブランド「ヴィダル・サスーン」がコラボレートして制作したシングル。1960年代のシュープリームスのヒット曲「Baby Love」を「NEW LOOK」に、70年代のアレサ・フランクリンの「Rock Steady」を「ROCK STEADY」に、80年代のアイリーン・キャラの「What a feeling」を「WHAT A FEELING」にそれぞれリメーク。

各時代の雰囲気を醸し出したプロモーションビデオも話題になっている。

(デイリースポーツより)

安室奈美恵、オリコンシングルチャート1位、そう言えば、最近コマーシャルで安室奈美恵の曲が、なんだかレトロなファッションで登場していて、けっこう頭に残る曲なので売れ亭ルンだろうなと思ってたんですが、やはりオリコン1位ですか。

最近、安室奈美恵、腕にタトゥーを入れているのであれは気にくわないけど、曲はまあまあ、がんばってちょうだい。

PLAY/安室奈美恵[CD]



posted by スターウオッチャー at 08:34 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。