2008年03月18日

堂本光一、釈由美子の大胆セクシードレスに目のやり場に困った

KinKi Kidsの堂本光一(29)が17日、東京・新宿ミラノ1で行われた主演映画「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」(堤幸彦監督、4月19日公開)の完成披露試写会に登場した。

同作は昨年、天才すし職人、米寿司(まいず・つかさ)役で主演したテレビ朝日系連続ドラマの映画版。光一の映画単独初主演作で、英語のせりふにも挑戦。NYロケを敢行し、異国の地でダイナミックなすし対決を展開した。役柄の米寿司として主題歌「No more」(4月30日発売)も歌っている。

1000人が詰めかけた会場で、光一は「いろんなところに笑いや反則技が詰まっています。スシ王子がNYに行くこと自体が1発目のおバカ。反則技です(笑)。ドラマ版に比べ、スケール感が伝わればうれしい」と笑いあり、アクションありのストーリーをアピールした。

映画版には釈由美子(29)、石原さとみ(21)、伊原剛志(44)、北大路欣也(65)と豪華な顔ぶれが出演。この日の舞台あいさつにも登場した。

一方、光一と、ドラマ版に続いて出演するKAT−TUNの中丸雄一(23)の2人が、この日から全国18都市を回るキャンペーンも発表された。光一は「楽しみにしてくださっている方々との時間を大切にしたい。銀幕版の楽しさを各地に届けられたら」と楽しみにしている。

(サンケイスポーツより)

この堂本光一主演の映画「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」では、堂本光一が釈由美子とアクションシーンを繰り広げるシーンもあるとか。

釈由美子はそのアクションシーンで鎖骨にひびが入ったそうです。いやいや。

ところで、この舞台あいさつで堂本光一が釈由美子の大胆な胸から背中まで開いたドレスに「どこに目をやったらいいのでしょうか」とどぎまぎしながらの舞台あいさつ。確かにあの釈由美子のドレスには目のやり場、男性だったらみんな困るでしょうね。

 スカイハイ(1) / 釈由美子



posted by スターウオッチャー at 09:39 | TrackBack(1) | 日本のスター

2008年03月15日

スザンヌ、「中野腐女子シスターズ」を卒業。そんなグループ知らなかった

“おバカキャラ”でブレーク中のタレント、スザンヌさんが15日、所属するオタクアイドルユニット「中野腐女子シスターズ」のライブに参加し、同ユニットの“卒業”を報告した。スザンヌさんは「腐女子シスターズに入って、ファンとのふれ合いも初めてでした。いつかまた絶対帰ってきます」とあいさつ。アンコールでKiroroの「ベストフレンズ」を歌ったが、涙で言葉が詰まり、メンバーの助けを借りる感動の場面もあった。

「中野腐女子シスターズ」は、お笑い芸人のはなわさんのプロデュースで06年8月に結成。200着以上のコスプレ衣装を自作した乾曜子さんをリーダーに、アニメやゲームサイトなどで連載を持つ喜屋武ちあきさん、グラドルの京本有加さんと浦えりかさん、モデルで現役女子高生の虎南有香さんがメンバーで、スザンヌさんは「健康オタク」として参加。その後、クイズ「ヘキサゴン」の珍回答などで一躍人気となり、ユニットとして活動が難しくなったことから、“卒業”を決断。2月29日、同ユニットのインターネット番組で発表した。

ライブでは、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテーマ曲「残酷な天使のテーゼ」やオリジナル曲「GO! FIGHT! 腐女子シスターズ」など披露。乾さんが「卒業しても気持ちは一つだから」と花束を手渡し、喜屋武さんが「スザンヌはいつもニコニコして、みんなを明るくしてくれた。卒業は寂しいけど、最後は涙でなくて、笑顔で送り出してあげたい」とエールを送った。スザンヌさんは「シスターズに入ってから、アニメやゲームが好きになって、マンガ喫茶デビューもできた」と振り返っていた。

(毎日新聞より)

このグループ名、「中野腐女子シスターズ」?なかにふじょししすたーず?初めて聞きました。

まあ、ピンでも十分やっていけるおばかアイドルなので、売れなくなるまではなかなか戻ってこれないでしょうけど、ピンとしてはもう人気十分。世の中、おたくの世界はなかなか理解できません。

恋のヘキサゴン
posted by スターウオッチャー at 22:07 | TrackBack(0) | 日本のスター

小倉優子、焼き肉屋、赤だれ焼肉 小倉優子を大阪で共同経営。経営の素人だけど大丈夫?

小倉優子(24)が“実業家”の看板を掲げるというので話題だ。焼き肉屋「赤だれ焼肉 小倉優子」を今月中旬に大阪の南方に開店させる。小倉はこの店のれっきとしたオーナーのひとりだ。

「単なる名前貸しではない。もともとあった焼き肉チェーン店との共同経営で、経営陣のひとりとして小倉の名前も登記されている。店名に名前も入っているし、本人もやる気を見せている」(事情通)
 
時間の許す限り店に顔も出すというから楽しみだ。彼女の発案で“ゆうこりんカルビ&ロース定食”“コリン丼”“ゆうこりんカルビカレー”などオリジナルが用意されている。値段も700円からとお手頃か。
 
もっとも、小倉は外見から想像もつかない財テク家として知られている。最近も「サブプライムショックで暴落したアメリカ株を購入」と発言して儲かった話もある。また、マネー誌の連載を抱えるなど財テクに関しては島田紳助やサンプラザ中野らとともに一家言がある。
 
今回、焼き肉屋を小倉の実家がある千葉県茂原市ではなく、あえて大阪にオープンさせたのは、ゆくゆくは大阪出身の濱口優との結婚を視野に入れているからともっぱら。出店に際しては濱口にも相談。2人は焼き肉屋を成功させているたむらけんじに影響されたようだ。
 
これで危機感を募らせているのが、実はたむけんだ。今以上に店に顔を出してふんどし姿に獅子舞で客を歓迎するプランを検討中とか。ゆうこりんVS。たむけんか。

(ゲンダイネットより)

アイドルの小倉優子が食のメッカ大阪の地で焼き肉屋を共同経営するようです。小倉優子というと外見からするとあんまり活発そうでもないし、経営センスがあるとも思えないんですが、外見で人は判断できません。

今まで、サイドビジネスで失敗している人も多い中、芸能人として焼き肉屋が繁盛して、たむらけんじばりの芸能界の焼き肉女王となるとよいのですが、吉と出るか凶とでるか...。

宴会やパーティーで大注目まちがいナシ!!白衣の天使 小倉優子モデル
posted by スターウオッチャー at 19:06 | TrackBack(0) | 日本のスター
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。