2009年05月14日

ミス・カリフォルニア2009のタイトルはセミヌードでははく奪されず

前月の「ミスUSA(Miss USA)2009」コンテストで同性婚を否定し、世論を二分する議論に巻き込まれたミス・カリフォルニア(Miss California)のキャリー・プレジーン(Carrie Prejean)さん(21)は12日、過去のセミヌード写真が公開されたことによるタイトルはく奪は無いと告げられた。

ミス・ユニバース(Miss Universe)主催団体のオーナー、米不動産王ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、ニューヨーク(New York)のトランプタワー(Trump Tower)で会見し、プレジーンさんが「ミス・カリフォルニアであり続ける」と発表した。

プレジーンさんは、これまでにセミヌードやヌード写真の撮影を行っていないと明言していた。しかし、露出度の高いビキニショーツだけを付けたプレジーンさんの写真がインターネットに公開され、ミス・カリフォルニアのタイトルをはく奪される可能性が出ていた。

トランプ氏は、この写真がミス・カリフォルニアとしての契約に違反していないと述べた。

米ニュース専門局MSNBCテレビでの会見で、プレジーンさんは、モデルとしてデビューしたばかりの17歳の頃に撮影された写真の流出を非難。同性婚に反対したためにこのような仕打ちを受けたと涙ながらに訴えた。(c)AFP

ミス・カリフォルニアに選ばれたキャリー・プレジーンさん、タイトルをはく奪されずよかったですね。

それにしても同性婚を否定したからといっても、同性婚自体が普通じゃないので、それを否定したからってなにもおかしいわけじゃなく、セミヌード自体も後姿取られてるだけでしょ。別にそれほど問題にしなくたって。

ただ、このミス・カリフォルニアの彼女、ちょっと人工美的なところがなんだかそれほど好みじゃないな...。
セミヌード/門あさ美[CD]

posted by スターウオッチャー at 08:01 | ミスコンテスト

2008年10月28日

源崎(げんざき)トモエ、17歳が東レのキャンギャルに。でかい女性

源崎(げんざき)トモエ、17歳が東レのキャンギャルに選ばれる。175センチはでかい女。

女優の山口智子(44)や藤原紀香(37)を輩出した東レの2009年水着キャンペーンガールに、都内の高校3年生でモデルや女優として活躍中の源崎(げんざき)トモエ(17)が決まり27日、発表された。歴代の東レキャンギャル中、もっともデカイ、1メートル75。「紀香さんみたいになりたい」とデッカイ夢を語ったが、「結婚相手はまねしたくないです」と笑わせた。

お披露目のステージに登場した源崎は、身長1メートル75、B83W60H86という日本人離れした体格。同キャンギャルの先輩でもある藤原紀香に似た顔立ちで、年齢より大人の雰囲気だ。

来年のトレンドという「例年より生地面積の小さいビキニ」(東レ)を次々と着用し、堂々とウオーキング。ショー後の取材では、「舞台袖では緊張しましたが、(ステージに)出てからは楽しくなりました」と笑顔を見せた。

源崎によると、実は昨年も同オーディションを受け、書類審査を通ったが、第1次審査で落選。今年はダイエットに励み、ジムに通って体を絞り、約200人のライバルを破ってリベンジを果たした。

「前回は最後まで行けなくて悔しかった。今回は自分の力を出し切り、選ばれたので心の底からうれしい」と源崎。この日はオーディションでも披露したという「警戒している子犬」と「さかりのついた猫」の鳴きまねを一生懸命に実演し、キュートな魅力を振りまいた。

中学時代にバレーをやり、どんどん身長が伸びたという。「前は背が高いことがコンプレックスでしたが、モデルを始めてからはチャームポイントになりました」。

将来は「まわりに流されず、自分をしっかり持った女性になりたい」といい、目標は身近にいる母親やおばさん。芸能人では紀香の名前を挙げ、「年齢を重ねても、かわいらしい笑顔が魅力的」と語ったが、「結婚相手は(紀香と同じ)お笑い芸人ですか?」と質問が飛ぶと、「そこまではまねしたくないです」とキッパリ。紀香の夫であるタレントの陣内智則(34)が聞いたらさぞかしご立腹!? 大人顔とはいえ、まだまだ17歳らしい答えに、会場から笑いが起こった。

(サンケイスポーツより)

現役女子高生の源崎(げんざき)トモエ、17歳が東レの2009年水着キャンペーンガールに選ばれました。

この源崎トモエくん、まだ若いけど、昨年の東レキャンペーンギャルには落っこちたので、今回はリベンジ。

それにしてもかわいい顔しているけど、ちょっと身長高すぎない?

2008年新作☆中別府葵さん着用ウエストほっそりロングキャミ付☆和テイストmix柄の4点セット【1...
posted by スターウオッチャー at 17:33 | ミスコンテスト

2008年07月14日

ミスユニバース、今年はミスベネズエラに。

「2008ミス・ユニバース(Miss Universe 2008)」世界大会の最終選考会が14日、ベトナム・ニャチャン(Nha Trang)のクラウン・コンベンションセンター(Crown Convention Center)で開催され、ミス・ベネズエラのDayana Mendozaさん(22)がミス・ユニバースの栄冠に輝いた。

最終候補者の5人にはそのほか、コロンビア、ドミニカ共和国、ロシア、メキシコの代表者が選ばれていた。

3か国語を話すというMendozaさんは最終候補者への質問で、男女の違いについて問われたとき、次のように答えている。「男性より女性のほうがある地点までたどり着く最も早い方法を知っています。男性は、まっすぐ進むことだと考えますが、女性は曲がり道を進むことを考えますから」

司会を務めた米トーク番組の司会者ジェリー・スプリンガー(Jerry Springer)に、ミス・ユニバースとして名前を呼ばれた瞬間、黄色のドレスをまとったMendozaさんの目からは喜びの涙が溢れていた。

Mendozaさんは賞金と、靴、ドレス、化粧品などが入ったギフトバッグを獲得し、ニューヨーク(New York)の豪華な部屋に住み、1年間ミス・ユニバースとして世界中で活動を行う。

学校、地方の村、そして刑務所でも美人コンテストが行われるというベネズエラは、これまで4人のミス・ユニバースと5人のミス・ワールド(Miss World)を輩出した「美人コンテスト界の超大国」と考えられている。(c)AFP

昨年のミスユニバース2007は日本の森理世さんだったんですが、今年はミスベネズエラがその栄冠に輝いたようですね。

よく見るとかなりきつめの顔ですが、ミスユニバースコンテストの審査員、こういうきつめの顔が好み?正直なところもっと綺麗な女性たくさんいる気がするのですが...。人の好みはそれぞれって事でしょうね。

恋する女神になるヨガ

posted by スターウオッチャー at 14:20 | TrackBack(0) | ミスコンテスト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。