2009年05月11日

169億円宝くじ、当選のコツ教えてください

パリで8日夜、欧州の宝くじ「ユーロミリオンズ(Euro Millions)」で1億2623万1764ユーロ(約169億円)という記録的な大当たりが出た。これは、旅客機エアバスA320(Airbus A320)を2機を買うことができる金額だ。

ユーロミリオンズはメインの数字5つとボーナスの数字2つを全部当てると当選となる。今回の当選くじはメインの数字が4-23-24-29- 31で、ボーナスの数字が8-9だった。引き当てたのはスペイン人男性で、名前は公表されていない。

これまで同くじで最高の賞金獲得者は、05年に当選したアイルランド人女性、ドロレス・マクナマラ(Dolores McNamara)さん。賞金は1億1543万6126ユーロ(約155億円)だった。

欧州9か国が参加する宝くじ「ユーロミリオンズ」は5年前に開始された。賞金額は1500万ユーロ(約20億円)から始まり、抽選は毎週行われるが、当せん者がいない場合は賞金が次回へ繰り越しとなる。

世界全体での宝くじの史上最高当選額は、07年3月に米国で記録された3億9000万ドル(約384億円)で、賞金は当選者の2人で山分けされた。(c)AFP

ヨーロッパの宝くじ、ユーロミリオンで過去最高賞金の約169億円という大当たりが出たそうです。

169億円。この札束、いったいどれくらいの札束の太さなんだろう?一度拝んでみたいものです。

この当選者、スペイン人ということですが、不要な投資や無駄な買い物して10年くらいで使い切ってしまうようなまねだけはしないで欲しいものですね。これだけあればちょっとくらい贅沢しても一生安泰に暮らせるんですから...。宝くじの当選のコツ、教えてください。

ゴールドルチル丸玉置物 21mm玉 No.9(金針水晶)

posted by スターウオッチャー at 06:40 | 金の話題

2009年03月20日

栗原健太がアメリカへ緊急招集。WBC

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第2ラウンド1組1位決定戦(日本6−2韓国、19日=日本時間20日、米カリフォルニア州・サンディエゴ、ペトコ・パーク)日本代表は接戦の末に宿敵、韓国を下したが、試合中に故障した村田修一内野手(横浜)に代わって栗原健太内野手(広島)を緊急招集することが決まった。

村田は四回、中前打を放ったが、一塁の手前で右太もも裏を痛めた。両肩を抱えられながら、ベンチに戻り医務室で治療を受けた。

原監督は「重傷です。プレーできる状態ではないので、栗原と入れ替えます」と話した。

栗原は村田の穴を埋める右の大砲として期待される。

(サンケイスポーツより)

アメリカで決勝リーグが行われる野球のワールドベースボールクラシック。韓国戦でヒットを放ったあとベースを回るときに肉離れを起こしてしまった横浜ベイスターズの村田修一内野手が決勝リーグのアメリカ戦で起用できないとあって、日本から広島カープの栗原健太内野手が呼ばれアメリカへ飛ぶそうです。

それにしても日本チームの大砲がいなくなってこの時期に日本から緊急招集される栗原健太選手。ちょっとかっこうよすぎますね。緊急招集なんて。

アメリカヘいって栗原のバッティングが大爆発し、日本が優勝まで一直線というのを楽しみにしたいですね。

【09’プロモデル】【プロが認めた、グリップ力】SSK(エスエスケイ)☆一般用バッティンググロー...

posted by スターウオッチャー at 16:30 | 金の話題

2008年09月27日

200億円のスーパー宝くじ、ヨーロッパで売れ行き好調

賞金1億3000万ユーロ(約200億円)をわがものにしようと、26日に発売される欧州の宝くじ「スーパーユーロミリオンズ( Super EuroMillions)」を3000万人以上が購入するとみられている。主催者側が24日、発表した。

9か国が参加する宝くじ「ユーロミリオンズ(EuroMillions)」が2004年に開始されて以来、今回の売り上げはすでに史上4番目に達した。国別で最も購入者が多いのはフランスで、全体の4分の1を占めている。

通常のユーロミリオンズは7桁のラッキナンバーを当てる形式で、毎週約1500万人が購入。当選者が出なければ賞金は翌週に持ち越される。しかし、今回は完ぺきにナンバーを当てた人がいなかった場合、その晩中に最も近い番号同士で山分けするという「スーパー」ユーロミリオンズとあって、人気が殺到している。

2007年9月と今年2月の過去2回の「スーパー」バージョンでは、10人以上での山分けとなった。

しかし、2007年2月に最初のスーパー当選者となったベルギー人は7627万5360分の1の確率で、1億ユーロ(約156億円)の賞金を独占した。これまでの史上最高の賞金獲得者は、2005年7月に当選した6人の子どもを持つアイルランド人女性、ドロレス・マクナマラ(Dolores McNamara)さんで、賞金は1億1500万ユーロ(約180億円)だった。

世界全体での宝くじの史上最高当選額は、2000年5月に米国で記録された3億6300万ドル(約385億円)となっている。(c)AFP

いやあ、200億円ですか。その100分の1でいいから幸運に恵まれたいものですね。

こういう超高額当選宝くじ、日本でも発売してほしいですね。200億あれば、将来の心配全くなし。しかし、もし当たったら、金遣いが荒くなるでしょうね。人生を踏み外さない人しか、当たったら人生が狂いそう...。



posted by スターウオッチャー at 08:54 | TrackBack(0) | 金の話題
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。