2008年03月21日

お笑い芸人ヒロシ、執筆活動に専念でお笑い番組を断っていた。テレビ界から消えたわけじゃなかった

ヒロシ、本を執筆するために、お笑い芸人の仕事を断り執筆活動に専念。再ブレークするといいね、彼は性格良さそうだし...。

最近一発芸人が多く、一度ブレイクしてもすぐ消えてテレビに出なくなるというパターンはこのごろでは当たり前。「ヒロシです…」のキメゼリフで人気をさらっていたお笑い芸人ヒロシ(36)、最近あまり見ていなかったが、実際は消えたのではなくバラエティー番組の仕事を断っていたのだという話がある。

それを裏付けるかのように、7日、本人のブログで本を出版することになったことを発表しているが、実はこの本の執筆作業のために、芸人としての仕事を断っていたらしい。

ブログでは「ダメ元で書いていて良かった」と載せているが、出版は今年の頭には既に決まっていたようだ。これに対してファンからは「涙が出る位嬉しいです」、「ファン達の渇きをおおいに癒してくれるでしょう」、「赤飯炊いて応援しますからね!」などの熱いコメントが多くあった。

(アメーバニュースより)

最近「ヒロシです」のあのお笑い芸人、ヒロシ、テレビから消え去ってしまったのかとついつい思っていたのですが、いやいや本を書いていたんですね。知りませんでした。

ヒロシという芸人、あまりアクもなく気弱そうで、見ている方はついつい応援しちゃいたくなるのですが、やはりヒロシのような芸人が活躍してくれるとファンとしてはうれしいですね。

ヒロシ会(DVD) ◆20%OFF!



posted by スターウオッチャー at 17:48 | TrackBack(0) | お笑い芸人

2008年03月20日

たむらけんじ、『炭火焼肉たむら』、亀田興起のスポンサーで全国進出

お笑いタレント、たむらけんじ(34)が経営する焼肉店「炭火焼肉たむら」が、プロボクシングの亀田興毅選手(21)のスポンサーになったことが19日、分かった。22日に幕張メッセで開催される復帰戦で興毅選手のトランクスに『炭火焼肉たむら』のロゴが入る。試合はテレビで生中継されるだけに、焼肉店も一躍、全国区になる!?

たむけんが、興毅選手のスポンサーになっ「ちゃ〜」った!

WBA世界フライ級1位で、元WBA世界ライトフライ級チャンピオンの興毅選手が『炭火焼肉たむら』のロゴが入ったトランクスを履くのは、22日のノンタイトル、フライ級10回戦。対戦相手は、WBO世界ライトフライ級2位、IBF同級8位、WBA同級13位のレクソン・フローレス選手(フィリピン)だ。

ノンタイトル戦だが、弟の大毅選手(19)による反則問題に絡んだ3カ月間の試合自粛を経て、約8カ月ぶりの復帰戦。試合の模様は、午後4時からTBS系で放送されるだけに、内藤大助選手が履いたトランクスのロゴ『保険見直し本舗』のように、注目を集めるのは必至だ。

元漫才コンビ「ビッキーズ」のメンバーで「炭火焼肉たむら」の社員に転身した木部信彦さん(36)によると、2月に放送されたテレビ大阪「GA−tuuun!(ガツン!)」(日曜前11・30)の企画で、たむらと興毅選手が対談したことがきっかけ。同店がスポンサーになる話が、とんとん拍子で決まったという。

スポンサー料は非公表だが、トランクスの左足の下側に14センチ四方のロゴが入ることに。オーナーのたむらは、1秒でも長くロゴが画面に写るように「12Rの2分59秒でKOしてほしい」と願っているという。

いまのところ、ロゴのスポンサーは今回限りだが、なんと、たむらは「KO勝ちしたら、亀田ファミリー全員、一生、焼肉タダ」と、太っ腹な「永久スポンサー」宣言もしてしまったとか。店を切り盛りする木部さんは「たむらさん、なんちゅうことを約束したんや…。それやったら、判定勝ちしてほしいですね」と青ざめていた。

(サンケイスポーツより)

安くてうまいが売りのたむらけんじが経営する焼き肉や『炭火焼肉たむら』のロゴを入れて亀田興起がタイトル戦に出るようで、これで一躍全国にその名が知れそうです。

もしかしたらたむらけんじ、この『炭火焼肉たむら』をフランチャイズ展開して全国展開を画策している?

たむらけんじ ハンドタオル(吉本公認グッズ)

posted by スターウオッチャー at 11:18 | TrackBack(0) | お笑い芸人

2008年03月17日

小島よしお、オッパッピー、映画「神様のパズル」で映画デビュー。一発屋返上へ

「そんなの関係ねぇ!」のギャグで一躍人気者になったお笑いタレントの小島よしお(27)が6月7日公開の映画「神様のパズル」(監督三池崇史)で銀幕デビューする。筋肉美が三池監督の目に留まっての起用。役名はないが、スクリーンにも鮮烈なインパクトを残した。

筋肉質の肉体を誇示するパンツ一丁姿。すっかりお茶の間の人気者になった小島が大きなスクリーンに飛び出した。「神様のパズル」は、第3回小松左京賞を受賞した機本伸司著の小説を同タイトルのまま映画化。落ちこぼれの大学生・基一(市原隼人)と飛び級の天才少女サラカ(谷村美月)が「宇宙創生」の謎に挑むファンタジーで、小島は出番こそ少ないが大暴れする。

役どころは屈強な体育会系の大学生。サラカの盗撮映像がインターネット上に流出し、基一が犯人の目星をつけて、他大学に殴り込む。突然の侵入者に応戦するのがキャンパスにいた小島だ。

このシーンを撮るために、三池監督が体躯(く)のいい俳優を探していたところ、映画スタッフがちょうどブレークの兆しを見せ始めた小島を推薦。すぐさま監督面接が行われ、即決となった。

撮影は昨年9月に神奈川県厚木市で行われた。パンツ一丁というわけにはいかなかったが、白のタンクトップ姿で登場。「うおーっ!」と雄叫びをあげながら、基一役の市原と殴り合いのファイトを繰り広げた。

小島は「お笑いライブと全く違う雰囲気でしたが“でも、そんなの関係ねぇ。気分はオッパッピー”で、何とか乗り切れました。出番は少しですが“ウォーリーを探せ”的な感覚で楽しみに見てほしい」とアピール。三池監督も「きれいな肉体を堪能した。次回はしっかりした役でお願いします」と存在感の大きさを絶賛している。

小島 よしお(こじま・よしお)本名小島義雄。1980年(昭55)11月16日、沖縄県生まれ。06年早大教育学部卒業後、サン・ミュージック企画に所属し活動。07年5月、第5回お笑いホープ大賞で激励賞受賞。この頃、日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」などへの出演がブレークのきっかけ。07年度「新語・流行語大賞」には「そんなの関係ねぇ!」「オッパッピー」が大賞候補にノミネート。多くのバラエティー番組に引っ張りだこ。1メートル78、70キロ。体脂肪率5%。血液型O。

(スポーツニッポンより)

オッパッピーの小島よしおが映画で銀幕にデビュー。その小島よしおが出演する映画が「神様のパズル」。劇団ひとりが脚本を書いたり、マルチに才能を開花させているのを見ると、小島よしおも早稲田大学のOB。

小島よしおも一発屋を返上してマルチに才能を開花させるかな?

小島よしお氏が手掛けたオリジナルブランドTシャツです。バックには、大ブレーク中の話題のフレ...

posted by スターウオッチャー at 09:24 | TrackBack(0) | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。