2011年11月16日

猫ひろし、5位にはいったもののロンドン切符はつかめず。このままでは何のために国籍変更を

ロンドン五輪の男子マラソンに出場を目指し、カンボジア国籍を取得したお笑いタレントの猫ひろし(34)が16日、インドネシアのパレンバンで行われた「東南アジア競技大会」に出場、五輪出場を決定的にする2時間31分台のタイムでのゴールできなかった。

猫のタイムは2時間37分39秒で5位の成績。カンボジアにヘム・ブンティン(25)が2時間31分台の記録を持っており、猫はこの大会で記録を塗り替えて、五輪出場に大きく前進したかったが、自己ベストを10秒更新したものの、31分台には遠かった。

レースは高湿度の厳しい条件下で行われ、猫はスタート直後、先頭から遅れた。後半は何とか盛り返したが「調子は良かったが、目標に届かなかったのは自分の実力。残念」と猫。五輪代表入りは未定だが「また挑戦します」と諦めず、来年カンボジア国内で行われる競技会に出場する予定。

猫の記録は五輪参加標準記録Bの2時間18分0秒にも及ばないが、1つの国・地域で陸上のどの種目も標準記録を破れなかった場合は男女1人ずつどれかの種目に出場できる「特例」がある。ただ、ほかの陸上種目で標準記録に達する選手が現れたら、出場できなくなる。

(スポニチより)

お笑い芸人の猫ひろしが「東南アジア競技大会」に出場、5位に入賞したそうです。

しかし、タイムが振るわず、自己ベストを10秒は上回ったものの、この大会での五輪出場はならなかった模様。五輪参加標準記録Bが2時間18分0秒というからまったく記録的には遅い記録ですが、それでも有力選手がいないカンボジア代表なので、オリンピックに出られなくなったわけではないとか。

それにしてもこの猫ひろし、もしオリンピックに出られなかったら何のために日本国籍を捨ててカンボジア国籍になったのか、全く意味がないような気がします。ここまできたらぜひともオリンピック出場してもらいたいけどね。








posted by スターウオッチャー at 17:37 | お笑い芸人

2011年08月24日

島田紳助、暴力団との交際でいきなり引退。プロダクションの方がもっと深い関係あるのでは

タレントの島田紳助さん(55)は23日、東京都内で記者会見し、芸能界引退を発表した。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシー(水谷暢宏社長)は「(島田さんが)暴力団関係者との間に一定の親密さをうかがわせる携帯メールのやりとりを行っていたことが判明した」と説明した。
 
島田さんは「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)、「紳助社長のプロデュース大作戦! 」(TBS系)、「開運! なんでも鑑定団」(テレビ東京系)など多数のレギュラー番組でメーン司会などを担当しているが、全て降板する。会見で島田さんは、暴力団関係者と会ったことやメールのやりとりを認めた上で、「自分の中ではセーフだと思っていた。吉本から芸能界のモラルとしては駄目だと言われ、認識の甘さを知った」と話した。
 
同社の調査で2005年6月ごろから07年6月ごろまで、島田さんと暴力団関係者との間でメールのやりとりがあったことが分かり、本人に事実確認したところ、「何ら弁解することはない」として、自ら引退を申し出たという。島田さんは十数年前に、知人を介して暴力団関係者と知り合い、メールのやりとりのほか、4、5回会ったとしている。
 
同社は「法律に触れるものではなく、経済的な利害関係は認められなかった」としながらも、「社会的影響力があるテレビなどに出演しているタレントとしては理由を問わず、許されるものではない」と指摘、事実上の解雇となったことを明らかにした。島田さんは「一番重い処分を自分に与えたので、お許しいただけたらと思います」と話した。

(時事通信より)

お笑いの島田紳助さんがいきなり引退発表。即日、引退と言うことで、これからはテレビで見る機会もなくなるようです。

これはよく分かりませんが、吉本興業のポーズにも見えますね。そもそもプロダクション自体がヤクザやさんとつながっていて、何かおこればトラブル解決で出てくるのに、何を今更、と思うのですが。

そんなこと言い出せば、この前の海老蔵事件、チンピラ風情の人間をつきあってて、真っ先に芸能の世界から足を洗っていただきたい。

前の自粛の時にヤクザを使って問題を解決したとか、なんらかの脅迫まがいのことがあったんでしょうね。そうじゃなきゃその日に引退しないでしょ。

posted by スターウオッチャー at 06:26 | お笑い芸人

2011年08月23日

猫ひろし、9月にカンボジア国籍取得へ。・チュマールひろしって、この人、日本国籍離脱して大丈夫?

ロンドン五輪のマラソン出場を目指し、今年2月にカンボジア国籍取得のため帰化申請したお笑いタレントの猫ひろしが22日、都内で行われた「2011 北海道マラソン」の会見に出席し、「うまくいけば、9月中旬に“カンボジア人・チュマール(カンボジア語で猫)ひろし”が誕生するかも」と現状を報告した。

カンボジアの観光省大臣や五輪委員会理事長のバックアップもあり、フルマラソン2時間37分43秒の自己ベストを持つ猫が掲げてきた、「カンボジア代表として五輪マラソンを走る」という夢が現実味を帯びてきた。

(デイリースポーツより)

猫ひろしがとうとう、9月にもカンボジア国籍を取得してマラソンのカンボジア代表としてロンドンオリンピックへの出場が現実味を帯びてきました。

猫ひろしのカンボジア名はチュマールひろしになるとのことですが、そんなことより、カンボジア人になって大丈夫? ってな考えがよぎりますが、本人が良ければそれでいいんじゃない? しかし、日本国籍離脱、勇気ある行動なのか、軽率な行動なのか?


posted by スターウオッチャー at 17:59 | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。