2009年05月13日

友近のビキニ写真。なかなか魅力的。むしろ積極的に見たい....

3カ月で8キロ、ウエスト19センチ減のダイエットに成功したお笑いタレントの友近さん(35)が公約通り「DHCプロティンダイエット」の新CMでビキニ姿を披露した。13日から全国で放送されている。

CMで、大きなサングラスをかけた友近さんは番組スタッフと打ち合わせ中に、「脱ぎましょうか?」と必要以上に脱ぎたがり、その理由は「ダイエットしたから」と自信満々に言い切って、金色のビキニ姿を披露する。友近さんはCMの決めぜりふを自ら考案。奇麗になって恋や仕事に「さぁ、忙しくなるわよ」というせりふと、ダイエット成功の素直な感想を語った「こんなの、初めて」を現場で考えたという。

友近さんは昨年10月、イベントでダイエットを宣言し、「やせたらビキニになる」と公約。実際に、体重は58キロから50キロまで減り、ウエストも86センチから67センチへとサイズダウンに成功した。

「DHCプロティンダイエット」はいちごミルク味、ココア味など五つの味をそろえた1袋178キロカロリーの機能性ドリンク。15袋入りは4900円、5袋入りで1700円。

(毎日新聞より)

この友近のビキニ姿の写真、見てみましたが、なかなか魅力的な体。友近もなかなか捨てたもんじゃないと思わせるボディーです。

昔の四国時代にリポーターで活躍していた頃の友近は確かにかわいかった。この人基本はいい女?

『おネエ★MANS』出演の友近さんも痩せた!自宅でできる加圧トレーニング!自宅でできる加圧ト...




posted by スターウオッチャー at 17:28 | お笑い芸人

2009年02月06日

スマイリーキクチ、自らブログ炎上の被害者と公表。あんなの訴えて当然

お笑い男性タレントのブログに中傷や脅迫の書き込みがされた事件で、タレントのスマイリーキクチさん(37)が5日、被害に遭ったのは自分だと所属事務所を通じて公表した。
 
スマイリーキクチさんは「生活、仕事に影響があるのみならず、家族や知人に不安な思いをさせてしまうと考え、被害届を出した。今後このような事件が起きないよう願っている」とのコメントを出した。
 
コメントなどによると、スマイリーキクチさんは約10年にわたり、1989年に少年らが逮捕された足立区の女子高生コンクリート詰め殺害事件の容疑者などと書き込まれた。
 
スマイリーキクチさんは「全くの事実無根」とした上で、「殺害予告とも受け取れる内容にまでエスカレートし、所属事務所や仕事先まで誹謗(ひぼう)中傷のメールや電話があった」と明らかにした。
 
事件をめぐっては、警視庁が脅迫容疑で川崎市の女(29)を書類送検。名誉棄損容疑で18人を書類送検する方針を固めている。 

(時事通信より)

しかし芸能人はこの手の被害に遭いやすいみたいですね。何がきっかけでこのいうな根も葉もない書き込みが増えたのか、よく分かりませんが、ちょっとあまりにもひどい書き込みが多かったようですね。

ブログだからといって脅迫まがいの文章を書き込んだりするのは、直接本人のブログに書き込んだりするのはあまりにひどいやり方。

このスマイリーキクチさん、それはともかくテレビで見なくなったけどまだ芸人やっていたんですね。

ダチョ・リブレ DVDーBOX 2[2枚組]
posted by スターウオッチャー at 06:37 | お笑い芸人

2008年11月01日

有吉弘行(元猿岩石)が復活中

まったく消えていた“一発屋芸人”が息を吹き返した。元猿岩石の有吉弘行(34)が再ブレーク中だ。

「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」(テレビ朝日)などで披露した自虐ギャグやタレント仲間に対する毒舌トークがウケて、テレビで顔を見ない日はないというくらい活躍している。
 
現在、すでに「世直しバラエティー カンゴロンゴ」(NHK)や「さまぁ〜ず式」(TBS)など5本のレギュラーを抱えている。9月末には著書「オレは絶対性格悪くない!」が発売され、先週は11歳年下のモデルとの熱愛を“フライデー”された。まさに、人気再燃である。
 
猿岩石は96年に「進め!電波少年」(日本テレビ)のユーラシア大陸ヒッチハイクの旅で人気が沸騰。著書がベストセラーになったり、CDがバカ売れして一世を風靡(ふうび)した。しかし、ブームは一瞬で、04年に解散し、ピン芸人になった有吉は鳴かず飛ばずの状況が続いた。仕事がない頃は、ダチョウ倶楽部の上島竜平に面倒を見てもらっていたという。

「有吉は柳原可奈子が出演している映画『まぼろしの邪馬台国』に出演しています。再ブレークのきっかけは同じ事務所の柳原や劇団ひとりとの“セット扱い”。クサらずにその機会を生かし、人気芸人を食ってしまう存在感を見せつけ、あちこちから声がかかるようになった」(テレビ関係者)
 
もともと、有吉は高田文夫や島田紳助から「面白い」と評価されていた。今度は長続きするか。

(日刊ゲンダイより)

猿岩石といえば、あのユーラシア大陸ヒッチハイクの旅。電波少年も終わってしまったけど、よく考えたら相方の森脇和成、いまや経営者として活躍しているらしいけど、まったくテレビでも顔見ないし、どうなっているんでしょうね。

有吉弘行、いつまでこの人気ぶりが続くんでしょうね。

猿岩石/ゴールデン☆ベスト〜白い雲のように〜
posted by スターウオッチャー at 19:44 | お笑い芸人
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。